【VTuber/VTube Studio】活動できるまでの流れ・作り方・なり方

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

VTuberとして配信を始めたいと考えた方向け
または、VTuberになるのに必要なことってなんだろうと考えた人向けに
大雑把な流れを書いていきます。
細かい部分で大変なところなどもありますので、参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

はじめに

この記事では、星詠れいの経験をもとに様々なところから参考にしながら必要だと思った部分のみ書き出していきます。
とても多くなってしまいましたが、それでも始まるまでには準備が大変なことと費用もそれなりにかかるといったことがわかりました。これらをまとめていっています。

なお少しずつ追記していく形となりますので、書きかけの部分があるかもしれないことはご了承ください。

Live2D配信ができるようになるまで

ここではLive2Dソフト(トラッキングソフト)としてVTube Studioを選択した場合での流れになります。
他のトラッキングソフトでいうと、以下のようにありますが、うちの場合はVTube Studioを選択しました。

インフォメーション
トラッキングソフト一覧表
タイトル内容備考
VTube Studioデメリットが少なく、始めやすい印象
AnimazeFaceRigの後継機
nizimaLIVE日本発トラッキングソフト
FaceRigサポート終了なこともあり、他トラッキングソフトが優先されそうサポート終了
トラッキングソフト一覧

Live2Dのモデルの依頼の流れ

依頼するイラストレーターとモデラーを検討する

ネット上には多くのLive2Dの作成を請け負っている人達がいます
多くの人のVTuberを見てみて、自分の気に入った動きをするモデルやイラストがあれば検索してみるといいでしょう。
VTuberが「ママ」と「パパ」を公称しているのであれば基本的には以下のようになります。

インフォメーション
「ママ」と「パパ」
タイトル内容備考
ママ・イラストレーター
・絵師
キャラデザイン
イラストなどを描いた人
(パーツ分けもセットでやる場合が多い)
パパLive2Dモデラーパーツ分けしたイラストを動かせるようにした人
(モデリング)
「ママ」と「パパ」
立ち絵の依頼&パーツ分けの依頼

イラストレーターさんに依頼をしていきます。
その際にはパーツ分けは可能なのかどうかも確認しておくといいでしょう。

モデリングの依頼

Live2Dモデラーさんに依頼をしていきます。
モデラーさんの中ではコースを複数設定している場合があります。
コースをよく読んで自身に合ったものを選んでいくといいでしょう。

iOSのiPhoneX以降のスマホを購入する

・「Face ID」搭載のiPhoneX以降機種を購入する
・他のAndroid機種やWebcamでも可能だが、可能であればApple製品を購入しましょう

VTube Studioを試しに使ってみる

・デフォルトでサンプルのモデルデータがあるので使ってみる
・SteamのVTube Studioをインストール
・iPhoneのApp StoreでVTube Studioをインストール
・それぞれで起動する

カメラの位置を調整する

・モニターの上にiPhoneを設置する

VTube Studioのプロ版(DLC)を購入する

・動作確認してみて問題なければ、プロ版(DLC)を購入する
・iPhone持ちであればiPhone側でプロ版を購入するだけでOK


ここまでできたら、後はLive2Dモデルが届くまで待ちましょう。
その間にVTube Studioの機能を勉強しておくといいかもしれません。

Live2Dのモデルの受領後の流れ

完成したLive2Dのデータを受領する

・ここまでに数か月はかかる
・モデルデータ一式をGigaFileなどでやり取りして受領する

VTube Studio内での機能を使って調整する

・キャラクターセレクト画面からモデルをインポート
・モデルのアイコンを設定
・キャリブレーション(校正)を行う
・トラッキング設定画面で設定を調整する
 ・入力用パラメータを調整する
・透過を許可するにチェックマークを入れて透過状態にする

STEP.3(Ver1)
OBS StudioにVTube Studioの画面を映す

・OBS StudioでゲームキャプチャでVTube Studioを選択する
・画面にVTube StudioのLive2Dが映し出されていれば成功です
・ひとまずLive2Dを画面に出す準備は完了です

STEP.3(Ver2)
OBS StudioにVTube Studioの画面を映す

・OBS Studioにプラグイン「Spout2」を導入する
・OBS StudioでSpout2でVTube Studioを選択する
・画面にVTube StudioのLive2Dが映し出されていれば成功です
・ひとまずLive2Dを画面に出す準備は完了です

【OBS|プラグイン】VTube Studioの背景画面を透過してOBSに映せる|[Spout2]

VTuberになるために必要なもの

必要なものを書いていきますが、おそらくですがPCは購入済と考えた場合に一番お金がかかるのはLive2Dモデルデータとなるでしょう。
次点でカメラ類となります。

インフォメーション
VTuberになるために必要なもの
タイトル内容備考
Live2Dモデルデータ.moc書き出し用データ
カメラAppleの「Face ID」搭載アイフォン
アーム類アイフォンをモニター上に固定するため
PCOBS Studioを使うために必要
VTube StudioSteamでの無料ソフト配信に使うには有料Pro版必須
OBS Studio配信用ソフト
VTuberになるために必要なもの

Live2Dモデルデータ

VTube Studioに入れるために必要なLive2Dモデルデータの一覧が以下のようになります。
Live2D側で作られたファイルとVTube Studio側で作られたファイルがあります。
VTube Studio側で作られたファイルも受領したデータにあれば、そのまま使えると思います。

インフォメーション
Live2Dモデルデータ一覧
名前内容備考
〇〇〇.0000📁モデルのパーツPNGが入っているフォルダ
0000部分はテクスチャサイズ(8192や4096や2048など)
Live2D側フォルダ
texture_00.pngフォルダの中に入っているもの
テクスチャアトラスに設定された画像が入っている
Live2D側ファイル
texture_00は作者による
〇〇〇.cdi3.json📄パラメータ情報のファイルLive2D側ファイル
〇〇〇.moc3📄VTube Studio等のアプリケーションで使用するためのファイルLive2D側ファイル
〇〇〇.model3.json📄moc3ファイルとテクスチャアトラスを結びつけるデータが記載されたファイルLive2D側ファイル
〇〇〇.physics3.json📄物理演算データの設定ファイルLive2D側ファイル
〇〇〇.vtube.json📄Vtube Studio設定情報VTube Studio側ファイル
items_pinned_to_model.json📄Vtube Studio設定情報
いつからか追加されるようになったファイル
VTube Studio側ファイル
△△△.exp3.json📄表情ファイルエディタで設定されたデータVTube Studio側ファイル
△△△.motion3.json📄アニメーションで設定した各シーンのモーションデータLive2D側ファイル
Icon_〇〇〇.pngアイコンを表示するために使うものVTube Studio側
Icon_〇〇〇は自由記載
受領されるモデルデータの一覧(一部ない場合もあります)
〇〇〇は全く同一の名前(モデルの名前を入れるところ)
△△△は全て異なる名前(表情ファイルやアニメーションで設定した名前)

Live2Dの修正などで新しくデータを受け取る場合

配信主側でやることについては以下のようになります。
VTube Studioで既にデータの調整を済ませていた場合は以下の2つのファイルで上書きされています。
・items_pinned_to_model.json
・〇〇〇.vtube.json
また、表情ファイルで新しく追加されている場合にも新しくファイルが追加されていると思います。
・△△△.exp3.json

ですので、新しいモデルデータが到着してVTube Studioにモデルを入れる場合は
新しいモデルデータと古いモデルデータは一旦別々のファイル名にしておきましょう。
新しいモデルデータにはnewと新しくつけてもいいですし、古いモデルデータにはoldというように古いということがわかるようにすれば大丈夫です。

そして、新しいモデルデータをVTube Studioに入れます。
次に古いモデルデータから
・items_pinned_to_model.json
・〇〇〇.vtube.json
を全てコピーペーストして上書きしましょう。
・△△△.exp3.json
は必要なところだけをコピーペーストすれば大丈夫です。

これで基本的には更新完了になります。
後はモデルの動きをチェックしてみておいてください。

VTube Studio(Steam)

Steamで使えるソフトの1つになります。
VTube Studio(VTS)は、ドイツ在住のアーティスト・開発者である Denchi さんによって開発された、LIVE2D専用のリアルタイムフェイストラッキングソフトです。

カメラ類

次の記事で詳しく書いています。
結論としてはiPhoneX以降の「Face ID」搭載機種がおすすめになります。

アームやスタンド類

iPhoneを固定するためのアームやスタンド類

iPhoneを採用する場合には、カメラとして使うために何かしら固定するものが必要になります。

PCの配信機器

インフォメーション
PCの配信機器
タイトル内容
パソコン本体ある程度のハイスペックデスクトップパソコン
キーボード持ってたらOK
マウス持ってたらOK
モニター持ってたらOK
ただ、配信するのであれば2画面はほしい
マイク持ってたらOK
PCの配信機器
インフォメーション
PC本体の星詠れいのおすすめスペック
タイトル内容
OSWindows11
CPUIntel Core i7以上の最新世代
2024年3月時点ではCore i7 14700Kがいいかも
CPUクーラー簡易水冷にしましょう
空冷は冷却が追い付かない可能性大
今の簡易水冷は非常に優秀で6年の保証期間を設けていることがある
GPURTX3060以上
できれば高性能のグラボがいい
2024年3月時点ではRTX4070Superがコスパよくおすすめ
メモリ32GB以上はほしい
余裕あれば64GBで
Win11は思ったよりメモリ容量を食うので16GBでは足りない
電源ユニット850W
少なくとも750W以上はほしい
ストレージSDDで1TBはほしい(M.2 SSDも可)
ゲーム用サブSDDも別途あるといいかもしれない
PC本体の星詠れい推奨スペック

OBS Studio

OBS Studioは配信用ソフトです。

Live2Dモデルの依頼

モデルが出来上がるまでに必要なのは、立ち絵とそれをもとにしたパーツ分けとLive2DモデラーによるLive2D化が必要になります。以下のように分けられるのでそれぞれで検討しておくといいでしょう。

VTube Studio

こちらはVTube StudioのWikiに相当するサイトです。
全て英語になっていますが、日本語に翻訳することが可能なのでチェックしてみるといいかもしれません。

キャリブレーション(校正)を行う

用語:キャリブレーション

「目盛り」や「調整」を持つ言葉。
測定器で標準通りの値を得るために、標準器などを用いてその機器の偏りを計測したり、正しい値になるよう調整したりすること。

トラッキング設定画面

インフォメーション
トラッキング設定画面
タイトル内容備考
タイトル当該項目の説明
Live2Dモデラ―さんが名前をつけていくところ
分かりやすい内容にしている
基本は触らない
IN入力用パラメータの設定
トラッキングソフトから検出されるパラメータ
基本は触らない
OUT出力用パラメータの設定
Live2Dソフトで設定されたパラメータ
基本は触らない
スムージング0に近いほどトラッキングに合わせたスピードで素早い動きになる
100に近いほど動きがゆっくり滑らかな動きになる
基本は触らない
必要な時に少し調整しておくといい
自動まばたきランダムでOUTの数値が下限から上限まで動く基本はOFF
自動呼吸一定周期でOUTの数値が下限から上限まで動く基本はOFF
ONにすると挙動がわかるのでチェックだけならあり
呼吸(Bress)だけONにする
INの数字カメラから読み取った自分の顔の動きの数値。
顔を動かすとリアルタイムで変わります。
調整するときはここをメインにする
OUTの数字INのデータから出力されたLive2Dのモデルの数値。
INの数字と連動して動きます
基本は触らない
トラッキング設定画面

触らないとしている理由としては、Live2DモデラーによってはLive2Dモデラー側で設定してある場合があるからです。
その場合Live2Dソフト側での動きに合わせてOUTの数字での上限下限も決めていたり、スムージングでは動きの滑らかさを予め調整してくれていることがあります。

配信主が調整をするとき

基本的には入力用パラメータの調整だけに留めます。
出力用パラメータはいじらないようにしましょう。
出力用パラメータはモデラ―さんが設定してくれている場合があります。

調整のやり方については先人のブログサイトやノートがありますのでこちらで確認するのがいいかもしれません。
星詠れいもこれらの記事を参考に調整をしてみました。
これらから考えるにやっぱり入力用パラメータだけの調整だけで十分と考えました。

参考にできた個人ブログサイト

キーバインドの設定

便利な表情フォルダの使い方

OBS Studioで背面透過するための準備

VtubeStudioのメニューから緑色のボタンをクリックする。
背景選択の中から「ColorPicker」を選択して「OK」をクリック。
「透過(OBS)」が出てくるので「ON」にする。
「×」ボタンで設定画面は閉じる。(VTubeStudioは閉じない)

もしあると便利な追加機器

Stream Deck

プラグインの中に「Vtube Studio」というものがあります。
名前の通りVtube Studioに対応しています。
キーバインドやLive2Dの設定の一部をStream Deckのボタンで完結することが可能となっています。
非常に便利だと思ったので、使ってみるといいかもしれません…!

Xなどでの告知とかに使える参考ブログ

おはようVTuber

おわりに

VTuberになるために必要なことって案外多く感じられましたかもしれません。
ですが、これらが本当に準備が必要なものとなっているので想像以上にVTuberになるのも大きな人生の転換点になるものになっているのです。お金もそれなりに掛かりますし、今後継続していく力も必要になってきます。

ですので、こういった流れがあることはリスナーさんもVTuberさん本人も配信者も全て少しだけでもいいので頭の隅っこにしまっておいて、応援していってくれると嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です