【OBS|基本】ソース・シーンで使うエフェクトフィルタ|配信者向け

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

今回はエフェクトフィルタの種類を一通り簡単にまとめてみました。

よかったら参考にしてみて下さい。

OBS Studio

ここではエフェクトフィルタについて解説していきます。
映像・画像にフィルタをかけていくものになります。

その他総合的なOBS Studioの設定については以下のサイトにて紹介させてもらっています。
また、OBS Studioにおけるプラグインの総合まとめについても紹介させていただいています。

エフェクトフィルタ設定(デフォルトで組み込まれているもの)

フィルタ名映像の切り抜き透明化映像の補正
イメージマスク/ブレンド任意の形に切り抜き
カラーキー「輝度」基準
クロップ/パッド四方の切り抜き
クロマキー「色相」基準
シャープくっきりさ補正
スクロール映像の横・縦移動
スケーリング/アスペクト比スケーリング補正
ルマキー「輝度」基準
レンダリング補正映像遅延
色補正映像の色補正
キャプション

イメージマスク/ブレンド【画面切り抜き】

イメージマスク/ブレンド

イメージマスク
⇨任意の形に映像を切り抜き、一部を隠して透明にできるフィルタです。
ブレンド
⇨描かれた画像に対して、上から効果を付けられるレイヤーの機能です。

切り抜き用の画像と合成することによって、透明にする部分としない部分を分けることが可能になります。

カラーキー【透明化フィルタ】

カラーキー

指定した色の「輝度」を基準に透明化するフィルタです。

・白黒画像を使って透過したい場合に使います。

クロップ/パッド【画面切り抜き】

クロップ/パッド

画像・映像などを切り取りたい場合に使われるフィルタです。


ただ、もっと簡単にできる方法があるので、フィルタで開かれたクロップ/パッドを使うことはないかもしれません。
配信画面上で、ALTを押しながら赤い枠の赤い四角形の部分を動かすと映像のアスペクト比は変わらずトリミングすることができます。

クロマキー【透明化フィルタ】

クロマキー

指定した色の「色相」を基準に透明化するフィルタです。

・指定した色(白黒以外)を使って透過したい場合に使います。

クロマキーを使ったやり方の流れについては以下の記事にも記載されていますので参考にしてくれると嬉しいです。

シャープ【映像の補正】

シャープ

「映像のくっきりさ」を調整することができるフィルタです。

映像や画像のエッジ(境界線や細部)を際立たせて、視覚的に鮮明に見せる効果を持つものになります。
数値が低いほどぼやけて、数値が高いほどくっきり見えるようになります。
初期設定では「0.08」になっています。「0.3」を超えるとはっきりとくっきりさが目立つようになるかなと思います。

ただ、基本的にはあまり使われることはないと思います。

スクロール【映像の補正】

スクロール

文字や映像などを横に移動したり、縦に移動したりすることが可能になるフィルタです。

速さを調整することも可能ですし、スクロール範囲を指定することも可能です。
同じものをずっと途切れずに流し続けたい場合でも「ループ」で流し続けることができます。

スケーリング/アスペクト比【映像の補正】

スケーリング/アスペクト比

選択されたソースに対し、デフォルトのスケーリングフィルタを上書きするフィルタです。

16:9の画面の中に4:3のアスペクト比のゲームを取り入れたい場合に使われます。
16:9と4:3では解像度が異なりますので、有効に使えるかなと思います。

ただ、基本的には使われないものだと思います。

ルマキー【透明化フィルタ】

ルマキー

ルミナンスキーとも言われます。
輝度(明るみ)から背景を抜いて、透過していくフィルタです。

基本的にはあまり使われない機能ですが、カラーキーやクロマキーでできなかった場合にルマキーでもしかしたらなんとかなれることがあります。

レンダリング補正【映像の補正】

レンダリング補正

映像に遅延をかけられるフィルタです。

顔出し配信をする場合に、顔出しの映像と音声がずれてしまうことがあるかもしれません。
もしくはVTubeを使っている場合でも動きと音声がずれることがあるかもしれません。
その時に使われるのがレンダリング補正で、顔出しの映像のソースに補正を与えることによって映像だけに遅延をかけることが可能です。

色補正【映像の補正】

色補正

画面を明るくしたり暗くしたりする等、画面そのものの色の補正をかけることができるフィルタです。

画面が暗い場合などで色味を調整したい場合に使います。
設定の中では「ガンマ」「コントラスト」「輝度」の3種類が主に使われるかなと思います。

透過したい場合でも「不透明度」で調整することが可能になっています。

エフェクトフィルタが使えるところ

シーンとソース、フォルダ(ソース)のそれぞれに対してエフェクトフィルタをかけることが可能です。
シーンに対しては、すべてのソースを一括してフィルタをかけれます。
フォルダ(ソース)については、フォルダの中に入っているソース全てにまとめてフィルタをかけれます。

参考ブログサイト

かなり詳細にまでにわたり細かく説明されているようです。
ここでわからなかった部分についてはこちらで確認してみるといいかもしれません。

おわりに

この記事で参考になりましたら、ぜひともフォローしてください!
色々書かれていますが、あくまでも一例ということで皆様のOBSの構築への一つの参考となっていただければと思います。

OBS Studio記事一覧

OBS 総合まとめ

OBSの基本設定

DBD配信者におすすめ

OBS 応用設定

OBS プラグイン

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です