【Stream Deck】OBS配信時の便利な使い方と詳しい設定|プラグイン特集[OBS Studio&Twitch]

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

ここではOBS Studioを使っての配信時の設定や使い方を星詠れいが実際に使っているやり方を説明していきます。
真似とはいかずにも参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

Stream Deck

ここではStream Deckのプラグイン【OBS Studio】を使った配信補助機能について紹介していきます。

Stream Deckを大まかにまとめ紹介したページとしては以下のリンク先となっています。

一番おすすめのStream Deck MK2の紹介
Amazonリンク先

Stream Deck MK2

この製品は標準的なStream Deck MK2です。
ボタンが15個あって、お値段が2万と程よい価額で発売されています。
迷ったらおそらくこれを買えば間違いないと思います。

星詠れいが使っているのはこの製品です。
白いものを使っています。

【Amazon】Stream Deck MK2 【公式】Stream Deck MK2

Elgato様

Elgato Support様

Elgato JP様

星詠れいの使い方一例をお見せします(配信時)

Stream Deckを買ったはいいものの、例えば配信しようと考えた時にどういう風に設定をしたらいいのだろうと考えてらっしゃる方がいるかもしれません。
そういう方向けに、星詠れいが自分で考えた配信用のボタン配置を公開することにして、皆様の参考になればと思いました。
必ずしも同じようにする必要はないですし、こういう機能があるからうまく使ってみようと参考にしていただいて、オリジナルの使い方を見つけてもらって頂けたら幸いです。

配信時のStream Deckの画面

星詠れいのひとつの例として、下のスクリーンショットのように設定しています。
その上にネオングリッドのアイコンを入れています。一部異なるアイコンがあります。
Twitch配信時の画面として、以下のように使っています。

星詠れいの使い方(ボタンの設定例)
  • 配信スタート時の準備ボタン
  • プレイ画面と雑談画面を切り替えるシーン
    合計4つのシーン
  • スピーカーの切り替えのボタン
  • Webサイトを開くためのボタン
  • マーカーをつけるボタン
  • チャットをするためのボタン
ボタン内容
タイトルプラグイン内容
デフォ
戻る
操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
配信準備マルチアクション:
 マルチアクション
配信を始めるために必要なものを開く設定
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
DBD
PlayerStats
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://dbd.tricky.lol/
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
01.配信の2ページ目に移る
スピーカー
切り替え
Monitor
Audio Devices:
 Toggle Audio Device
出力デバイスの設定切り替え&確認
・左側はヘッドホン用&アイコンは「ヘッドホン」
・右側はモニター用&アイコンは「モニター」
音声認識
OFF
マルチアクション:
 マルチアクションのスイッチ
➡OBS Studio:ソースの可視性
音声認識字幕ちゃんの配信画面表示切り替え
マルチアクション内でそれぞれ設定する
・左側(1)はソースの可視性を「非表示」&アイコンは「LIVE」
・右側(2)はソースの可視性を「表示」&アイコンは「電源OFF」
アナログ時計カスタム:
 アナログ時計
現在の時刻の表示
スライドショー
切り替え/OFF
OBS Studio:
 ソースの可視性
スライドショーの配信画面表示切り替え
・左側アイコンは「LIVE」
・右側アイコンは「電源OFF」
MarkerTwitch Tools [BarRaider]:
 Create Stream Marker
Twitchでマーカーを残すためのボタン
設定は特になし
ボタンを押すだけでマーカーが作成される
シーン
雑談/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン2:雑談に設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
シーン
プレイ/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン3:ゲームプレイに設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
シーン
リザルト/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン3A:リザルト画面に設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
シーン
離席/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン4:離席に設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
試合後
チャット
システム:
 テキスト
メッセージ内容をボタンで即出す設定
チャット内容を設定する。星詠れいは以下の通り
ggs<3 ,thx match,have a good day,see you again.
ボタン内容一覧

と様々な必要な時にすぐできるように設定しています。

シーンの設定一覧

多くは、おそらくはシーンの切り替えで多用するかなと思うので、シーンで3~5つ埋めてもいいかもですね。

シーンのボタン設定
シーン名ボタン
要否
備考
配信シーン1:オープニング不要マルチアクション:配信準備
ここでオープニングを設定しておく
配信シーン2:雑談必要現在がどのシーンかの確認
離席から帰ってきた時に押す
配信シーン3:ゲームプレイ必要現在がどのシーンかの確認
配信シーン3A:リザルト画面必要な人は
入れよう
現在がどのシーンかの確認
配信シーン4:離席必要離席時は手動でボタンを押す
配信シーン5:エンディング必要な人は
入れよう
エンドロールを設定しているのなら
配信終わりに必要な場面がある
シーンで分けてボタン設定するときに考えること

プラグインをうまく使いこなそう

ここでは主に使うプラグインは、
「OBS Studio」

その他のプラグインとしては、
「マルチアクション」
「Audio Switcher」(Audio Devices)
「Twitch」
になります。
もちろんマルチアクションではデフォルトで入っているプラグインのものを使うことはあります。

使うプラグインの内容
プラグイン内容備考
システムWebサイト重要
システム開く重要
システムテキスト必要に
応じて
マルチアクションマルチアクション重要
マルチアクション遅延必要に
応じて
操作プロファイル切り替え必要に
応じて
操作ページインジケータ必要に
応じて
操作次のページ必要に
応じて
OBS Studioプロファイル重要
OBS Studioシーン重要
OBS Studioソースの可視性重要
OBS Studioオーディオミキサー必要に
応じて
OBS Studioフィルタ必要に
応じて
Audio Switcher
(Audio Devices)
Toggle Audio Device重要
Audio Switcher
(Audio Devices)
Set Audio Device重要
Twitch Tools [BarRaider]Create Stream Marker必要に
応じて
使うプラグインの内容

プラグイン【OBS Studio】

ストリーム

配信開始と終了のボタンになります。
長押しの設定があり、誤って押したとしてもすぐ配信が終わったりすることはないでしょう。

※うまく起動されているか不安なので難しいかもしれません…

プロファイル

プロファイルを切り替えられるようになります。
設定で指定したプロファイルに切り替えます。

配信中の場合は切り替えられないので注意が必要です。
使う場面としては、配信を始めるときに準備するときに組み入れる時かなと思います。
そのためにまとめてアクションを行えるマルチアクションの一部に取り入れるのがいいでしょう。

シーン

シーンで設定されたものへ切り替えれるようになります。
シーンの切り替えでよく切り替える人にはこれが便利でしょう。
複数のシーンを用意してボタンに設定するだけでstream deckの基本的な使い方ができます。

ON

シーンのON状態です。
左側の方にスイッチが入っている時のものです。

※LIVE画像はNeon Gridsのアイコンです。

OFF

シーンのOFF状態です。
右側の方にスイッチが入っている時のものです。

※電球の画像はNeon Gridsのアイコンです。

ソースの可視性

ソースの中で設定されたものが配信上で見えるかどうかのON/OFFを切り替えられるようになります。
ソースとは何かというと、各シーンごとに作成している以下のものがそうです。
例えば、メディアソースで流れている音楽を切り替えたりすることも可能です。

ソースの種類例
  • アプリケーション音声キャプチャ
  • ウィンドウキャプチャ
  • ブラウザ
  • メディアソース
  • 画像
  • 画像スライドショー
  • 音声入力キャプチャ
  • 音声出力キャプチャ
ON

ソースのON状態です。
左側の方にスイッチが入っている時のものです。

※LIVE画像はNeon Gridsのアイコンです。

OFF

ソースのOFF状態です。
右側の方にスイッチが入っている時のものです。

※電球の画像はNeon Gridsのアイコンです。

ソースの一斉切り替え

Stream Deckならではのできることになります。
以下のリンクでその説明がされているので、ぜひこちらで確認してみて下さい。

複数のシーンに渡って、1つのソースを全部一括してONとOFFを切り替えることができます。
OBS Studioではそういうことに関しては対応していないようで、Stream Deckで全部まとめておくことで対応できるようになります。

オーディオミキサー

マイクのON/OFFを切り替えられたり、BGMのON/OFFを切り替えられるようになります。
主な使い方はマイクのON/OFFの切り替えになるだろうと思います。

ON

マイクのON状態です。
左側の方にスイッチが入っている時のものです。

※マイクON画像はNeon Gridsのアイコンです。

OFF

マイクのOFF状態です。
右側の方にスイッチが入っている時のものです。

※マイクOFF画像はNeon Gridsのアイコンです。

フィルタ

こちらは使っている人にしか使わないかなと思います。
フィルタのON/OFFの設定ができます。

予めフィルタに設定したものがあった場合に、それらの設定を変えずにフィルタを適用するかしないかをボタンで変えることが可能になります。

OBS Studioだけの単体の操作だと、OBS Studio内でシーン・ソース・音声ミキサーそれぞれで一回右クリックして「フィルタ」を選んでからその先のフィルタ設定でON/OFFの切り替えができます。
この場合一回間に挟んで操作しなければならないので少し手間がかかりますね。

Stream Deckのボタンに置き換えるとこちらでボタンを押すだけでON/OFFの切り替えができますので、結構有用じゃないかと考えています。

ON

フィルタのON状態です。
左側の方にスイッチが入っている時のものです。

OFF

フィルタのOFF状態です。
右側の方にスイッチが入っている時のものです。

プラグイン【Twitch】

チャットメッセージ

事前に設定したメッセージを送りたいときに使う感じになります。
ただし、/shoutout(応援)や/announce(お知らせ)、/pin(ピン留め)などのチャットコマンドはサポートされていないようなので注意です。

ストリームマーカーを作成

マーカーを残せるようになります。通常、配信マネージャーにあるので、わざわざゲーム画面から外してクリックする必要がありましたが、これによってボタンを押すだけで可能になります。
あとでダイジェストにして残したい、見返しておきたい場面ですぐマーカーを設定しておいていけるようにできます。

視聴者

配信上に表示しない、OBS StudioでのTwitch統計を見ないときなどで、視聴者を確認したいときはこのボタンがあります。
現在の視聴者をボタン上で表示してくれます。

注意

タイトルに名前を入れると視聴者の数字が見えなくなります

プラグイン【Twitch Tools】[BarRaider]

Create Stream Marker

これは「Twitch」プラグインにあるのと同じようにマーカーを残せるものになります。
実はよくはわかっていないですが、「Twitch」プラグインの「ストリームマーカーを作成」がなぜか機能しなくなったので、代わりとしてこの機能を使うようになっています。
もしマーカーに残してダイジェストにしてみてみたいといった場合には使ってみてはいかがでしょうか。

プラグイン【マルチアクション】

配信開始時の準備を一発で終わらせよう

配信開始時にいろいろな最初に行う作業をひとつひとつ行うよりは一気にまとめてマルチアクションにして1ボタンで全て終わらせるようにすればかなり楽になると思います。
星詠れいの場合ですが、OBSの起動と共にマイクや最初のシーン決めなど本当にいろいろあって、全部ひとまとめにしています。

星詠れいの使い方(配信起動時のマルチアクション)
  • OBSの起動
  • たぬえさ3の起動
  • わんコメ(棒読みちゃん)の起動
  • 音声認識字幕ちゃんの起動
  • 5秒の遅延
  • システムの入力マイクを設定した上でON
  • システムの出力ヘッドホンを設定した上でON
  • OBSのシーンを最初のオープニングのものにする
  • OBSの入力マイクを設定した上でON
  • 3秒の遅延
  • OBSのプロファイルをTwitch用に切り替える

最初に設定するのが大変になりそうですが、あらかじめ設定をしておくことで次回からの起動が1ボタンで済ませられると考えたらかなりの時間の短縮にはなるのではないでしょうか?
マルチアクションをうまく生かしてみてほしいと思います。

まとめ

ここではOBS Studioを使ったStream Deckの使い方をまとめてみました。
皆様の配信の手助けになれば幸いです。
また、OBS Studioには録画する機能もあるので、配信に使われない方でもOBSはお勧めになると思います。
ここまでお読みいただきありがとうございました!

Stream Deck記事一覧

Stream Deck まとめ

Stream Deck 基本設定

Stream Deck プラグイン

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です