【VTube Studio】ぜひ知りたい!スクリーンショットの撮影方法

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

VTube Studioにおけるスクリーンショットの撮り方と、動画の撮り方について解説します。
動画を作る際やX等SNSに載せる際の画像に必要なVTuberの立ち姿をどのようにして撮るのかについて書いていきます。VTube Studio内だけでなくOBS Studioを使った方法もあります。

よろしくお願いいたします。

はじめに

この記事では、スクリーンショットの撮り方と動画の撮り方の大きな2つのトピックに分かれてそれぞれ説明していきます。
様々なやり方がありますが、使うソフトはVTube Studioの他にOBS Studioとプラグインを使うくらいなのでやりやすいかなと思います。

VTuberになるまでの全ての流れについてはこちらに記載しています。
また、VTube Studio各記事へのリンクも記事内にありますのでぜひご覧になってください。

スクリーンショットのとりかた

スクリーンショットを撮る方法
  1. VTube Studioの画面内から撮る
  2. キーバインドで撮る
  3. Stream Deckのボタンで撮る
  4. OBS Studioで撮る

VTube Studioの画面内から撮る

こちらが基本的なスクリーンショットを撮る操作になります。
全ての中で最も簡潔でわかりやすいものなので基本的にはこちらを覚えていくと間違いないと思います。

これ以外の方法については、ここでの操作を簡略化して別途の方法を活かしているものになります。

メニューを開く

ダブルタップしてメニューを開く

スクショ設定画面を開く

一番上の共有ボタンのマークをクリックする

スクリーンショットを撮る

必要な人は、「背景を透過する」をONにしましょう。
タイマー(秒数)はボタンを押した後に撮影されるまでに待機する時間なので表情を作りたい時は活かしていきましょう。

データ保管場所

自撮り完成です!
データの場所は星詠れいの場合はWindows11なので以下の場所に保管されました。

データ保管場所

C:\Userrs\ユーザー名\Pictures\ScreenShots

ここにPNGファイルがあるので、自由に使っていきましょう!
他のOSの場合は各自探してみてください。

キーバインドで撮る

キーバインド設定のアクションタイプで「スクリーンショットを撮る」という設定が存在するので、これを使用します。
キーボードのキーを押すだけで自動でスクリーンショットを撮ってくれるようになるので便利になります。

メニューを開く

ダブルタップしてメニューを開きます。

設定画面を開く

ピンクの歯車マークをクリックして開きます。

キーバインド設定画面を開く

マークをクリックしてキーバインド設定に画面切り替えします。

この中の一番右を選択します。

キーバインドの新規追加

このボタンを押して新しくホットキーを追加します。

キーバインドアクション

タイトルに「スクリーンショットを撮る」と名付けておきます。

アクションタイプで「スクリーンショットを撮る」を選択します。

キーコンビネーションで適当なキーを設定します。
星詠れいは「Picture」の「P」のキーを設定しました。

設定は完了・スクリーンショットを撮る

「P」ボタンを押してスクリーンショットを押してみてください。

撮らなかった場合以下の内容に気をつけてみましょう。
・キーバインド設定での「キーバインドを使う」でOFFになっていないか?
・個別のキーバインド設定で「OFF」になっていないか?

データ保管場所

自撮り完成です!
データの場所は星詠れいの場合はWindows11なので以下の場所に保管されました。

データ保管場所

C:\Userrs\ユーザー名\Pictures\ScreenShots

ここにPNGファイルがあるので、自由に使っていきましょう!
他のOSの場合は各自探してみてください。

Stream Deckのボタンで撮る

これは先にVTube Studio内でキーバインド設定が必要になります。
設定さえしておけば、Stream Deckでホットキーの設定をすることによってスクリーンショットの撮影が可能になります。

キーバインドでスクリーンショットで予め設定しておく

1つ前の「キーバインドでスクリーンショット」での設定を予め同じ流れで設定しておきます。
ここで使うキーバインドがStream Deckでホットキーとして登録されるのに必ず必要になります。
キーバインドとして設定していないとホットキーとして出てこないからです。

タイトル(名前)をわかりやすく「スクリーンショットを撮る」にしてみましょう。

Stream Deckでプラグイン導入

「VTube Studio」のプラグインがあるので、それを導入します。
導入澄であれば飛ばして大丈夫です。

Stream DeckでVTube Studioの部分を開く

プラグインを選ぶところがあるので、そこでVTube Studioのあるところを探します。
VTube Studioをクリックして、ドロップダウンを開いていきます。

「Trigger Hotkey」をボタンに設定する

「Trigger Hotkey」の部分をクリック&ドラッグして、ボタンの部分に移動させます。

「Trigger Hotkey」設定画面を開く

ボタンをアプリ上でクリックして設定画面を開きます。

「スクリーンショットを撮る」を設定する

Hotkeyを「スクリーンショットを撮る」と選択していきます。

インフォメーション
Trigger Hotkey
タイトル内容備考
タイトルタイトル名設定
未設定でVTube Studioで設定した名前適用
Modelモデル選択
Hotkeyホットキー設定
OptionsShow action name on key:タイトルを表示するか
ToolsRefresh:リフレッシュVTube Studioとの再接続
Trigger Hotkey
【Image】Trigger Hotkey
設定は完了・スクリーンショットを撮ってみる

以上で設定は完了です。
手持ちにあるStream Deck本体からボタンを押してホットキーが発動するかチェックしてみましょう。

データ保管場所

自撮り完成です!
データの場所は星詠れいの場合はWindows11なので以下の場所に保管されました。

データ保管場所

C:\Userrs\ユーザー名\Pictures\ScreenShots

ここにPNGファイルがあるので、自由に使っていきましょう!
他のOSの場合は各自探してみてください。

OBS Studioで撮る

VTube Studioでも背景ありでスクリーンショットを撮ることは可能です。
配信をしている方が殆どだと思うのでOBS Studio内にVTube Studioの映像を取り入れる方法は既にできていると思います。

これに加えてOBS Studioでは録画も可能なので、映像としてデータを残したい場合ではOBS Studioを使った方法にしましょう。

おわりに

スクリーンショットの撮り方について解説していきましたが、理解できたでしょうか?
そんなに難しくはないはずなのでチャレンジしてみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

VTuber / VTube Studio 記事一覧

VTuber / VTube Studio まとめ

VTube Studio

Live2D

VTuber 関連記事

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です