【OBS|基本】プロファイルの設定・配信設定|配信者向け

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

今回はプロファイルについてまとめてみました。

よかったら参考にしてみて下さい。

OBS Studio

ここではプロファイルについて解説していきます。

その他総合的なOBS Studioの設定については以下のサイトにて紹介させてもらっています。
また、OBS Studioにおけるプラグインの総合まとめについても紹介させていただいています。

OBS Studioの「プロファイル」の意味

プロファイル

配信の設定・出力設定・音声設定・ホットキーの設定を一括で保存できる機能
複数のプロファイルを作成し、必要に応じて切り替えることが可能

以下の全てのことを保存することができる
  • 配信の設定
    ⇨(Twitch、YouTube、ニコニコ、録画等)
  • 出力設定
    ⇨(エンコード、ビットレート、解像度、FPS共通値)
  • 音声設定
    ⇨(サンプリングレート、デスクトップ音声、マイク音声)
  • ホットキーの設定
    ⇨(配信・録画の開始&終了、シーンの切り替え、ソースの可視性の切り替え)
できないこと
  • 配信中はプロファイルの変更ができない
    ⇨基本的には配信中は変更の必要がないので気にしなくていいものだと思います
  • シーン・ソースの保存ができない
    ⇨シーン・ソースの保存と一括切り替えはシーンコレクションを使います。

プロファイル

プロファイルの作成・削除など

OBS Studioウィンドウ/画面の上部にあるメニューバー➡プロファイル(P)

プロファイルの作成・削除など
タイトル内容備考
新規デフォルト設定を使用して空のプロファイルを作成する
複製現在のプロファイルのコピーを作成する
名前を変更現在のプロファイルの名前を変更する
削除現在のプロファイルを削除します
インポートJSON ファイルからインポートしてプロファイルの設定を追加します
エクスポート現在のプロファイルの設定を JSON ファイルにエクスポートします。・バックアップ
・OBS の別のインストールで使用する

プロファイル内容の編集

OBS Studioウィンドウ/画面の上部にあるメニューバー➡OBS➡設定(S)

ここで様々な設定内容を設定していきます。

プロファイルの設定の場所

設定のデータがある場所

OBS Studioウィンドウ/画面の上部にあるメニューバー➡OBS➡設定フォルダーを表示

プロファイルの設定フォルダを表示する場所
インフォメーション
開かれる場所

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\obs-studio

プロファイルのデータがある場所

OBS Studioウィンドウ/画面の上部にあるメニューバー➡OBS➡プロファイルフォルダーを表示

プロファイルフォルダを表示する場所
インフォメーション
開かれる場所

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\obs-studio\basic\profiles\プロファイル名 

設定の流れ

配信サイトによってはビットレートの上限が設けられていることと、
配信サイト別にOBSと連携を結びつける必要があるのでその場合にはプロファイルで分ける必要があります。

プロファイルの名前をつける

何かの名前を付けてみましょう。
最初の時は多分「無題」となっていますが、これの名前を変えていきます。
OBS Studioウィンドウ/画面の上部にあるメニューバー➡プロファイル(P)➡名前を変更

Twitch配信であれば「Twitch」「A.Twitch」とかのわかりやすい名前を付けてみて下さい。

プロファイルの名前の変更ができるところ
インフォメーション
参考例①
名前例内容備考
Twitch_1080p_60fps1920×1080 60fps 9000ビットレートパッと見でわかるメリット
Twitch_720p_60fps1280×720 60fps 6000ビットレートパッと見でわかるメリット
Twitch_720p_30fps1280×720 30fps 4500ビットレートパッと見でわかるメリット
YouTube_1080p_60fps1920×1080 60fps 12000ビットレートパッと見でわかるメリット
YouTube_720p_60fps1920×1080 60fps 9000ビットレートパッと見でわかるメリット
キャプション
インフォメーション
参考例②
名前例内容備考
A.Twitchなんでも名前順にソートできるメリットがある
B.YouTubeなんでも名前順にソートできるメリットがある
C.録画なんでも名前順にソートできるメリットがある
キャプション
インフォメーション
参考例③
名前例内容備考
Twitchなんでも複数設定しないときはこれでいいかも
YouTubeなんでも複数設定しないときはこれでいいかも
録画なんでも複数設定しないときはこれでいいかも
キャプション

ちょっとした小ネタ

プロファイルを複数以上作った場合に名前を思い通りの順番にしたいと思ったことはありませんか?

そんなときは、名前の付け方に工夫をしていくといいです。

名前の付け方

アルファベット順番や数字の順番に付けていくと見やすくなります。
どうやら内部に自動ソート機能が付けられているようなので以下のような感じにつけていくとわかりやすくなります。

タイトルアルファベット順数字の順番
1番目A.〇〇〇〇〇01.〇〇〇〇〇
2番目B.〇〇〇〇〇02.〇〇〇〇〇
3番目C.〇〇〇〇〇03.〇〇〇〇〇
4番目D.〇〇〇〇〇04.〇〇〇〇〇
5番目E.〇〇〇〇〇05.〇〇〇〇〇
キャプション

「出力」設定

「出力」⇒「配信」タブでの設定
使用GPU等設定例備考
NVIDIA/GeForceNVIDIA NVENC H.264(new)基本はコレ
AMD/RadeonH264/AVC Encoder (AMD Advanced Media Framework)
AMD HW H.264
基本はコレ
Appleアップル VT H264 ハードウェアエンコーダ基本はコレ
CPUx264GPUよりCPUが新しい場合はあり
「出力」⇒「配信」タブでの設定
エンコーダ設定は上記から選択

NVIDIA NVENC H.264(new)

「出力」⇒「配信」タブでの設定
エンコーダ設定(NVIDIA NVENC H.264(new)選択時)
使用GPU等設定例備考
音声エンコーダFFmpeg AAC
映像エンコーダNVIDIA NVENC H.264(new)
出力をリスケールするオフ
「出力」⇒「配信」タブでの設定
設定内容設定例備考
レート制御CBR(固定ビットレート方式)基本はコレ
ビットレート6000
キーフレーム間隔2s基本はコレ
プリセットP5:Slow(高品質)
P4:Medium(中品質)
P5:Slow(高品質)が良い
P4:Medium(中品質)でも行ける
チューニング高品質基本はコレ
マルチパスモード1パスCBRは1パス
VBR時は2パス
プロファイルhigh
Look-aheadoff基本はコレ
心理視覚チューニングon基本はコレ
GPU0基本はコレ
最大Bフレーム2基本はコレ
「出力」⇒「配信」タブでの設定の方法

「音声」設定

「音声」での設定
設定内容設定例備考
サンプリングレート48khz基本はコレ
映像で使われるサンプルレートが48khzだから
チャンネルステレオ基本はコレ
大抵のプラットフォームはステレオだから
「音声」での設定の方法
設定内容設定例備考
デスクトップ音声無効他の画面で開いている音声を配信に載せたくないならコレ
マイク音声無効各自それぞれのマイクの設定から
「音声」での設定の方法
設定内容設定例備考
減衰率速い
ピークメーターの種類サンプルピーク
「音声」での設定の方法
設定内容設定例備考
モニタリングデバイス規定
Windowsの音量…チェックON
低遅延音声バッファ…チェックOFF
「音声」での設定の方法

「映像」設定

「映像」での設定
設定内容設定例備考
基本(キャンバス)解像度1920×10801080p
出力(スケーリング)解像度1280×720720p
縮小フィルタランチョス基本はコレ
FPS共通値6030との選択
「映像」での設定の方法

配信サイト別ビットレート

YouTube

配信⇒サービス「YouTube」でのアカウント接続
YouTube配信では一般最高51000Kbps

各設定(YouTube配信)
設定内容設定例備考
ビットレート
(映像ビットレート)
9000Kbps(1920×1080なら9000以上は欲しい)
音声ビットレート128Kbps
192Kbps
320Kbps
320Kbpsまで
出力(スケーリング)解像度1920×10801080p
各設定(YouTube配信)

Twitch(一般)

配信⇒サービス「Twitch」でのアカウント接続
Twitch配信では6000Kbps上限

各設定(Twitch配信)
設定内容設定例備考
ビットレート
(映像ビットレート)
6000Kbps
音声ビットレート128Kbps320Kbpsまで
出力(スケーリング)解像度1280×720720p
各設定(Twitch配信)
1664×936(936p)の規格について

Twitchでは配信するうえでは最適なビットレートとされているらしい解像度です。
ただこの場合ゲームやキャンバス解像度を落とす必要が出てくる。そうしないとスケーリングで品質が悪化する可能性の方が高いそうです。

基本的には720pか1080pのいずれかでいいかもしれません。

936p60の罠

Twitch(パートナー)

配信⇒サービス「Twitch」でのアカウント接続
Twitch配信では9000Kbps上限

各設定(Twitch配信)
設定内容設定例備考
ビットレート
(映像ビットレート)
9000Kbps
音声ビットレート128Kbps320Kbpsまで
出力(スケーリング)解像度1920×10801080p
各設定(Twitch配信)

参考にした他サイトブログ

おわりに

この記事で参考になりましたら、ぜひともフォローしてください!
色々書かれていますが、あくまでも一例ということで皆様のOBSの構築への一つの参考となっていただければと思います。

OBS Studio記事一覧

OBS 総合まとめ

OBSの基本設定

DBD配信者におすすめ

OBS 応用設定

OBS プラグイン

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です