【VTube Studio】キーバインドの設定とホットキーの有効な活かし方

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

VTube Studioでのキーバインドの使い方について解説していきます。
キーバインドは多くの設定が可能で工夫すれば様々なことに使えそうかなと思います。

よろしくお願いいたします。

はじめに

この記事では、キーバインド設定について細かく解説していきます。

VTuberになるまでの全ての流れについてはこちらに記載しています。
また、VTube Studio各記事へのリンクも記事内にありますのでぜひご覧になってください。

キーバインド設定

【キーバインド設定】

キーバインドを使う

こちらではキーバインドを全体に渡って使うかどうかの設定になっています。
ONにすればすべてのキーバインド設定が使えるようになります。(個別キーバインド設定でOFFにしていた場合はその限りではなくそのキーバインド設定は使えません。)

OFFにすると全てのキーバインド設定が使えなくなります。
ただし、Stream Deckや外部プラグインではAPI通信で操作されるので影響を受けずこれらでは使えるままになります。
簡単にまとめると、「キーボードのキータッチによって操作をすることができなくなる」という形になります。

スクリーンボタンを使う

スクリーンボタンについて使うかどうかの設定です。
ONにすると8つのボタンがVTube Studioウィンドウ内の画面右側に出てくるようになります。

ボタンイベントをPCに送信する

こちらはスマホのアプリ版と連携させているときに使う機能です。
スマホ版のボタンに反応してPCに送信してイベントを発生するという感じになります。
基本的にはあまり使われないかな?と感じます。

個別キーバインド設定

【個別キーバインド設定】

タイトル部分

【個別キーバインド設定】タイトル部分
タイトル見た目内容
ON/OFFマーク緑ON:キーバインドを有効にする
赤OFF:キーバインドを無効にする
地球儀マーク青ON:VTube Studio以外のウィンドウを開いている時でもキーバインドは有効に働く
白OFF:VTube Studioウィンドウを開いている時だけにキーバインドを有効にする
タイトルタイトル記入欄
フォルダフォルダで分類が可能になる
赤バツ印:未分類
緑チェック:分類済
ゴミ箱キーバインドの削除
-マーク
+マーク
キーバインド設定を閉じる
キーバインド設定を開く
キャプション
タイトル見た目内容
新規追加キーバインド設定の新規追加
フォルダフォルダを開く
分類済のフォルダを選択することで、
分類したキーバインド設定のみの項目だけが見れるようになる
キャプション

ON/OFFマーク

普段使わないキーバインドについてはここでOFFにすると暴発することが起こりません。
これは個別で設定することが可能なので、今は使わないであろうと思ったものを各自OFFにしていくといいでしょう。

地球儀マーク

これをOFFにしている場合はVTube Studioのウィンドウを開いたときにだけにキーバインドが作動します。
他の画面ウィンドウを開いているときは作動しなくなるので、キーバインドで誤爆するといったことがなくなります。

フォルダ

キーバインド設定が多くなってくると多くの設定がたくさん並んでしまい、探すのも大変になってしまいます。
そこで、フォルダを使います。

フォルダは複数のフォルダを設定することが可能で、フォルダごとにキーバインド設定を入れていくことが可能になります。
そうして、フォルダで抽出するといったことが可能になります。

例えば、
フォルダ1に表情変化のみのキーバインド設定を複数入れる
フォルダ2にVXFプリセットを割り振ったキーバインド設定を複数入れる
フォルダ3に上記以外のキーバインド設定を全て入れる

といった感じに振り分けると、左下のフォルダアイコンのボタンがあるので、ここを押すとフォルダの中にあるキーバインド設定のみを表示させることが可能になります。

左下のフォルダアイコンのボタン

キーバインドアクション

【個別キーバインド設定】キーバインドアクション

実行したい操作、モデルにさせたい動作の種類を選択します。
多くのアクションタイプがあるので探していくことになります。

便利なアクションタイプ

便利でよく使いそうなアクションタイプ
タイトル内容
表情を切り替える表情ファイルエディタで作られたアクションを使います。


これはStream Deckでのプラグインでも同じように使えます。
プラグインでの名前は「Trigger Hotkey」
すべての表情を消す表情exp3で設定されたものを削除します。
「表情を切り替える」で複数以上の設定を使っていた場合に、全ての出力パラメータの固定を解除して元に戻すといった使い方になるとおもいます。

これはStream Deckでのプラグインでも同じように使えます。
プラグインでの名前は「Reload Model」
モデルを移動するモデルに設定された位置/回転/サイズに移動します。
配信を開始するときや

これはStream Deckでのプラグインでも同じように使えます。
プラグインでの名前は「Move Model」
カメラのキャリブレーションカメラの再調整をします。
配信を始める前や、途中でカメラのトラッキングを調整したいときに使います。
スクリーンショットを撮るスクリーンショットを撮ります。

これはStream Deckでのプラグインでも同じように使えます。
プラグインでの名前は「Trigger Hotkey」
VFXプリセットを読み込む視覚効果プリセット(ビジュアルエフェクト/VFX)の設定を読み込みます。

これはStream Deckでのプラグインでも同じように使えます。
プラグインでの名前は「Trigger Hotkey」
キャプション

全てのアクションタイプ

インフォメーション
全てのアクションタイプ
タイトル内容備考
モーションをプレイする
Play Animation
Live2D Cubismで作られたモーションを使います。motion3.json
待機モーションを変更する
Change Idle Animation
Live2D Cubismで作られたモーションを使います。motion3.json
表情を切り替える
Set/Unset Expression
表情ファイルエディタで作られたアクションを使います。exp3.json
すべての表情を消す
Remove all Expressions
表情exp3で設定されたものを削除します。
モデルテクスチャのリロード
Reload Model Texture
モデルのテクスチャを再読み込みします。
モデルを移動する
Move Model
モデルに設定された位置/回転/サイズに移動します。
背景を変える
Change Background
背景を設定した値に変更します。
マイクをリロードする
Reload Microphone
・リップシンクで稼働中のマイクをリロードします。
・マイクのON/OFFの設定ができます。
カメラのキャリブレーション
Calibrate Camera
カメラの再調整をします。
VTSモデルを変更
Change VTS Model
VTSのモデルを選択したモデルに変更します。
スクリーンショットを撮る
Take Screenshot
スクリーンショットを撮ります。
シーライトの変更
Screen Overlay
オーバーレイを設定した値に変更します。
すべてのアイテムを取り除く
Remove all items from scene
シーンから全てのアイテムを削除します。
アイテムシーンの切り替え
Toggle Item Scene
指定されたアイテムシーンを切り替えます。
ワークショップのアイテムをランダムにロードします。
Download random item
from Steam Workshop into the scene
ランダムに選択されたアイテムを Steam ワークショップからシーンにダウンロードします。
Live2Dアイテムの操作
Live2D Item Action
ロードされたLive2Dアイテムでキーバインドを切り替えます。
アートメッシュカラープリセット
ArtMesh Color Preset
モデルのスクリーン/乗算カラーの設定を読み込みます。
トラッカーのオン/オフ
Toggle Tracker On/Off
選択したトラッカーのON/OFFを切り替えます。Only
Windows
/MacOS
Twitch機能のオン/オフ
Twitch Feature On/Off
選択したTwitch機能のON/OFFを切り替えます。Only
Windows
/MacOS
VFXプリセットを読み込む
Load Visual Effects Preset
視覚効果プリセット(ビジュアルエフェクト/VFX)の設定を読み込みます。Only
Windows
/MacOS
Live2DエディタAPIパラメータ同期オン/オフ
Live2D Editor API Parameter Sync On/Off
Live2D Editor APIのパラメータ同期のON/OFFを切り替えます。Only
Windows
/MacOS
キャプション

キーコンビネーション

【個別キーバインド設定】キーコンビネーション

キーボード上で指定したキーを押して動作させるショートカットキーを設定します。
最大3つのキーの同時押しを設定することが可能になっています。
RECボタンから設定するのが楽です。

1つのキーだけの時の注意事項

1つのキーだけでも可能ですが、他のアプリやゲームを操作中に指定したキーを押すと勝手に実行されてしまいます。
例えば、FPS系ですとよくあるのが
・ASDWの移動キー
・キーボード上段の1~0のボタン(ゲーム内のホットキー設定で発動するもの)
だったりすると、そのゲームでボタンを押すたびにアクションが毎回発生してしまうといった具合です。

ですので、2つ以上のキーを同時に押す設定しておくのがオススメです。
『Shift』+『1』としたい場合には
キー1⇨Shift
キー2⇨1
という風にします。

アイデア
ゲーム内のキーボードボタンと連動

もちろん特定のボタンを押すたびに発動したい場合にはその限りではないです。
例えばLeague of LegendのウルトRボタンやAPEXのウルトキーなど数少ない発動条件だったりするときに反応したいといった時には使えるかもしれません(うまく使えるかはわかりませんが…)

ジェスチャーで操作

【個別キーバインド設定】ジェスチャーで操作

こちらは手のジェスチャーでキーバインドを実行するものです。
ハンドトラッキングを導入していればONにして設定するのはありです。
ハンドトラッキングを導入していない場合は基本はOFFになります。

ただし、Live2Dモデルにハンドトラッキングを採用していなくても使うことは可能です。
Webカメラで別に撮影して、手のトラッキングを行い、それによってジェスチャーで操作という反応をすることは可能になっています。

キーバインド設定

【個別キーバインド設定】キーバインド設定

数秒間のフェード

指定した数値でフェードをする感じになります。
最低値は0.01秒で、最大値は2秒です。
0.01秒にするとカットするとまではいかないですが一瞬でキーバインドの設定の変化が起こるようになります。
2秒にすると2秒かけてフェードするのでゆっくりと変化が起こります。

数秒後にストップ

ONにするとキーバインドを発動した時に、指定した数値の秒数後に自動でOFFになります。
使いたいキーバインドで一定時間後に必ず解消したいといったときに使いたい機能です。
最低値は0.1秒で、最大値は3600秒(1時間)です。

キーを離すと止まる

キーを押し続けている限りにのみ、キーバインドの設定が反映するようになります。
マイク入力でいう、プッシュトゥトークみたいな感じになります。

スクリーンボタン

【個別キーバインド設定】スクリーンボタン

VtubeStudioの右側にボタンを表示し、クリックすると指定した動作を発動します。
こちらは最大8個まで設定できます。
下の方にバーがありますが、これはスクリーンボタンの色を決めることができます。

おすすめのキーバインドアクション

アクションタイプで多くの設定項目があるので、自由に選んで設定することが可能です。
その中でもおすすめの設定の一例を紹介します。

表情の新規追加

表情ファイルエディタで新規追加

設定追加ボタンを押して新しいキーバインド設定を追加します。

作りたい表情の使いそうなパラメータをONにする

ここで表示されるものは出力パラメータ(Live2Dパラメータ)なことに気を付けましょう。
とはいっても、パラメータ名は割とわかりやすく統一されているのでよく読んでみれば大丈夫だと思います。

インフォメーション
出力パラメータ内容備考
ParamAngleX顔の角度X
ParamAngleY顔の角度Y
ParamAngleZ顔の角度Z
ParamEyeLOpen左目の目の開き具合
ParamEyeROpen右目の目の開き具合
ParamEyeLBallX左目の視線の左右位置
ParamEyeLBallY左目の視線の上下位置
ParamEyeRBallX右目の視線の左右位置
ParamEyeRBallY右目の視線の上下位置
ParamMouthForm口の笑顔
ParamMouthOpenY口の縦開閉
ParamMouthOpenX口の左右位置
キャプション
バーを動かして、表情を決めていく

バーを動かして表情を動かしていきます。
多くのバーがあるので色々いじっていくといいです。

表情を決定したら、セーブする

一番下までスクロールしていくと、セーブのボタンがあります。
セーブのボタンをクリックしてセーブします。

この時に作られるファイル名には「〇〇〇.exp3.json」という名前で保存されます。

キーバインドを追加して設定する

キーバインドアクション
 アクションタイプ➡表情を切り替える(exp3)
 表情➡先ほど決めたファイル名「〇〇〇.exp3.json」を選択する

キーコンビネーション➡自由
ジェスチャーのトリガー➡自由
キーバインドの設定➡自由
スクリーンボタン➡自由

優先度について

選ばれた出力パラメータに関してはカメラトラッキングでの影響を受けなくなります。
表情ファイルエディタで作られたパラメータの数値で固定されるようになるからです。
厳密にいうと、優先度が設けられていて、表情ファイルエディタで作られたものはP3で、カメラトラッキングで動くものにはP2という値があります。
P〇の〇の数値が高いほど優先するというのがVTube Studio内で決められているのでこのようになるのです。

インフォメーション
優先度について
優先度内容
P0(優先度低)Live2Dパラメータのデフォルト値
Default Live2D parameter value
P1待機アニメーションの値
Value from Idle Animation
P2フェイストラッキング
Value from Face Tracking
P31回のアニメーション
Value from One-Time Animation
P4live2D表現exp3
Value from Live2D Expression
P5(優先度高)物理演算
Value from Physics System
キャプション

便利な表情フォルダの使い方(参考)

スクリーンショットをキーバインドに

アクションタイプで「スクリーンショットを撮る」という設定が存在するので、これを使用します。
キーボードのキーを押すだけで自動でスクリーンショットを撮ってくれるようになるので便利になります。

キーバインドの新規追加

タイトルに「スクリーンショットを撮る」と名付けておきます。

キーバインドアクション

アクションタイプで「スクリーンショットを撮る」を選択します。

キーコンビネーション

適当なキーを設定します。
星詠れいは「Picture」の「P」のキーを設定しました。

設定は完了

「P」ボタンを押してスクリーンショットを押してみてください。

撮らなかった場合以下の内容に気をつけてみましょう。
・キーバインド設定での「キーバインドを使う」でOFFになっていないか?
・個別のキーバインド設定で「OFF」になっていないか?

VFXをキーバインドに

予めVFXでビジュアルエフェクトを設定して、プリセットを保存しておきます。
その時に保存したプリセットをここで設定することが可能になります。
事前にVFXで調整して設定をしておきましょう。

VFXプリセット設定の保存場所

C:\steam\steamapps\common\VTube Studio\VTube Studio_Data\StreamingAssets\Effects

キーバインドの新規追加

タイトルに「VFX 背景ビジュアル」などわかりやすい名前を名付けておきます。

キーバインドアクション

アクションタイプで「VFXプリセットを読み込む」を選択します。

キーコンビネーション

適当なキーを設定します。

設定は完了

「P」ボタンを押してスクリーンショットを押してみてください。

撮らなかった場合以下の内容に気をつけてみましょう。
・キーバインド設定での「キーバインドを使う」でOFFになっていないか?
・個別のキーバインド設定で「OFF」になっていないか?

キー暴発を起こしたくないとき

・個別キーバインド設定の左上のON/OFFをOFFにする
・地球儀マークを白OFFにする
など各自やりやすい方法で設定するといいかもしれません。

参考ブログサイト

VTube Studioでキー切り替えが暴発しない方法

こちらではキー切り替えが暴発を起こさないような設定の仕方を解説してくれています。

X(みゝ津ツクロー様)

1つの画面内にシンプルに収められ説明が分かりやすくなっているものがこちらになります。

おわりに

VTube Studioのキーバインド設定はLive2Dモデラーに頼らず、VTuber配信主が自分で設定できます。
自分で色々といじってみて設定をしていきましょう。
そして、キーバインドなのでキーで発動するように設定してもいいですし、キーで発動せずとも外部プラグイン(Stream Deck等)でキーバインド設定を使うといったことも可能なのでやりたい事の幅が広がるかなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

VTuber / VTube Studio 記事一覧

VTuber / VTube Studio まとめ

VTube Studio

Live2D

VTuber 関連記事

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です