【Stream Deck】おすすめプラグインや便利な設定と作業の効率化

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵


ここでは様々なプラグインの中身について紹介するものになります。
プラグインは無料で使えるものなので便利だと思ったものをまとめて挙げてみました。

どうぞ見て頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Stream Deck

ここではStream Deckの標準プラグインのものを基本的に紹介します。
追加プラグインについても紹介しますが、別途個別ページにて紹介しているものがあります。
特に便利だと思ったものだけに集約しましたのでよかったら参考にしてみて下さい。

Stream Deckを大まかにまとめ紹介したページとしては以下のリンク先となっています。

一番おすすめのStream Deck MK2の紹介
Amazonリンク先

Stream Deck MK2

この製品は標準的なStream Deck MK2です。
ボタンが15個あって、お値段が2万と程よい価額で発売されています。
迷ったらおそらくこれを買えば間違いないと思います。

星詠れいが使っているのはこの製品です。
白いものを使っています。

【Amazon】Stream Deck MK2 【公式】Stream Deck MK2

Elgato様

Elgato Support様

Elgato JP様

初期からあるプラグイン

Stream Deckのソフトをダウンロードした時に、最初から出てくるプラグインのまとめです。
基本的にはどれも便利な機能で欠かせないので、使ってみてほしいです。

システム

何かを開いたり閉じたり、テキストメッセージをあらかじめ準備しておくことも可能です。
ホットキーの設定もできるようになっているので、ここも非常に便利になるのではないでしょうか。

「システム」
名前内容頻度
Webサイトボタンを押したときに新しいタブでURLを開く
ホットキーの切り替え設定したキーを交互に切り替えられる
ホットキー設定したキーを起動できる
開くアプリ、またはファイル・フォルダを開く
閉じるアプリを閉じる
テキストテキストを打ち出す
マルチメディア・音量を上げるor下げる
・「消音」のON/OFF
・メディアの再生/一時停止・停止
・次のトラックor前のトラック
「システム」プラグインの個別内容

Webサイト

開きたいwebサイトを設定することで、ボタンを押すだけで新しくウィンドウかタブを開いてすぐ見れるようになります。

星詠れい
星詠れい

星詠れいの場合は、Twitchのチャンネルのマネージャーを見たり、DBDのPlayerStatsを見たりする等に使っています。
また、gmailのマイページや、Twitterのマイページに飛ぶことも可能ですし、ブログの編集画面に直接飛びたいときでも本当に様々な時に使えます。

ホットキーの切り替え

ショートカットキーを設定したうえで、交互に切り替えれるようになります。
いい使い方としては、コピーペーストかなぁと思います。
Ctrl+CとCtrl+Vを両方登録しておくと、ボタンを押すたびに切り替えてくれるようになります。

ホットキー

ショートカットキーを設定することができます。
というよりもともとのショートカットキーの組み合わせがStream Deckのボタンで発動することができるという感じになります。
キーボードで例えばコピーするためにCtrl+Cと両方のキーを押す必要があったのですが、StreamDeckのホットキーを使うことによって、こちらでは1ボタンで完了することができるのです。

開く

アプリを開くかフォルダを開くかを設定することができます。

開く設定の違い

左側の赤い四角マークがフォルダを開く設定

右側の青い四角マークがアプリ・実行ファイルを開く設定

となっています。

アプリを開きたいなら青い四角マークから設定していきましょう。

閉じる

アプリを閉じる設定ができます。

テキスト

予め設定したテキストをボタンを押すだけでそのまま打ってくれるものになります。

また、ツイートなどでも、よく使われる文章をあらかじめここに登録して、ツイートするときにこのボタンを押すだけでメッセージが出てきて、それを編集するといったことも可能になります。

Gmailのアドレス、定型文などなどの活用が見込まれます。

星詠れい
星詠れい

星詠れいの場合は、DBDで試合終了後に「対戦ありがとうございました」のチャットをあらかじめここで打っておいて、終了後のリザルトチャット画面で、ボタン1つ押してすぐ出せるようにしていました。こうすることで手間が大きく減りました。

パスワードのテキスト

推奨はしないのですが、ログインパスワードをここに書き込んでおいて、ログインパスワードを求められたらこのボタン1クリックだけでパスワードを打ち込めましたということも可能になります。

マルチメディア

アクションでいくつか選択することができますが、その中で活用率が高いのは音量調整の部分になると思います。
アクションから「消音」「音量を上げる」「音量を下げる」が選べます。

音量を上げる

音量を上げるボタンです。

※ボリュームの画像はNeon Gridsのアイコンです。

音量を下げる

音量を下げるボタンです。

※ボリュームの画像はNeon Gridsのアイコンです。

マルチアクション

複数のアクションを1つのボタンだけで設定するものが入っています。
こちらは非常に便利な機能なので別途の記事を作ってまとめてみました。
特に配信者さんには、配信スタート時での設定もすべてここでまとめていくと、ワンボタンで完了できます!

以下の関連記事の方へ飛んでいただければ幸いです。

「マルチアクション」
名前内容頻度
マルチアクション複数のアクションを1つのボタンで完結する機能
マルチアクションのスイッチマルチアクションのToggle(切り替え)ができる機能
ランダムアクション複数のアクションの中から1つだけを選択しアクションする機能
遅延マルチアクション内での遅延機能
「マルチアクション」プラグインの個別内容

操作

ここではフォルダを作成したり、プロファイルを切り替えたりと
拡張する系のプラグインが入っています。
ボタンの数が少なくてもこれらの機能のおかげで複数のページを作成したりということができるので、ぜひとも使って頂きたい機能です。

「操作」
名前内容頻度
フォルダを作成フォルダを作成し、15個のボタンを新規配置できる
プロファイルを切り替えプロファイルを切り替えて、別のプロファイルを開く
前のページ現在プロファイル内の前のページに戻る
次のページ現在プロファイル内の次のページに進む
ページ移動現在プロファイル内の指定したページに移る
ページインジケータ現在プロファイル内の現在ページの表示
「操作」プラグインの個別内容
特定の場面において

おそらくですが、配信中はプロファイルの使用については非常に扱いにくいものになってしまうので非推奨です。
配信をメインに扱いたい方にはプロファイルの設定について注意をしておくといいでしょう。

普段の配信外でのシーンではプロファイルを使うことによって便利なものになります。

おすすめプラグイン

Stream Deckのソフトをインストールしたときに初期から入っていないプラグインですが、ショップにいくとプラグインがたくさん並んでいます。
その中でも星詠れいが特におすすめだと思ったプラグインを紹介していきます。

Twitch

Twitch

Twitchの中で機能として使われているものがここでボタンによって活かせるというものになります。
主に、チャットメッセージやマーカーの作成などで有効に使えそうです。

Elagato Marketplace | Twitch

Twitchの機能を設定することが可能となり、ゲーム中ではアクティブウィンドウからマウスを外すことなくボタンを押すだけで使ってくれるということができます。

中にある機能を詳しく説明しているのは、次の関連記事の内容をご覧いただけると幸いです。

「Twitch」
名前内容頻度
チャットメッセージ事前に作成したメッセージをチャンネルのチャットに投稿
チャットを消去Twitchのチャットメッセージの履歴を消去
エモートチャットチャットを絵文字のみに制限
フォロワーチャットチャットをフォロワーのみに制限
広告を再生広告を再生
チャットを表示スローチャットを有効/無効にする
ストリーム/ゲームタイトルストリーム/ゲームタイトルを表示
サブチャット購読者のみのチャットを有効/無効にする
ストリームマーカーを作成ライブストリームのストリームマーカーをすばやく作成
視聴者ライブ視聴者数を表示
クリップを作成ライブストリームのクリップをすばやく作成
最後のクリップを開く最後に作成したクリップを開く
防御モード防御モードを有効/無効にする
「Twitch」プラグインの個別内容

OBS Studio

OBS Studio

基本的にはOBS配信で使われるアクションをStream Deckのボタンで完結できるようなものがあります。
シーンの切り替え、マイクのオンオフ、BGMのオンオフなどをOBS画面でのクリックなしで使えるようになります。

Elagato Marketplace | OBS Studio

これのメリットは現在起動しているゲームのウィンドウからマウスカーソルを外すことなく使えるという点になります。

また、OBS Studioの中でのプロファイルも切り替えの設定できるので、Youtube用の配信、Twitch用の配信、ゲーム内容によってのFPS設定を変えたもののプロファイルを複数用意していたとしても、ボタン1つで切り替えられるようになります。

ここの詳しい説明については次の関連記事の方へ見て頂ければ幸いです。
こちらではOBS配信時の時に便利になりそうなことをまとめています。

「OBS Studio」
名前内容頻度
録画ファイルへの録画を開始/停止
録画の一時停止動作中の録画を一時停止します
ストリームストリーミングを開始/停止します
仮想カメラ仮想カメラを開始/停止
リプレイバッファリプレイバッファを切り替えます
リプレイバッファの保存動作中のリプレイバッファを保存します
シーンコレクションシーンコレクションを切り替えます
プロファイルOBSプロファイルを切り替え
シーンシーンを切り替えます
ソースの可視性ソースを表示/非表示します
オーディオミキサー音源を消音/消音解除します
メディアソースのコントロールメディアソースの再生をコントロールします
スタジオモードスタジオモードを切り替えます
トランジションスタジオモードでプレビューシーンを番組にトランジションします
フィルタフィルタを表示/非表示します
スクリーンショット動作中のシーンのスクリーンショットを撮ります
シーントランジションシーントランジションを設定します
「OBS Studio」プラグインの個別内容

Audio Switcher

Audio Switcher

設定の中ではAudio Devicesとなっております。

サウンドに関する機能で、マイクの切り替えや、スピーカー、ヘッドホンの切り替えが可能になります。

Elagato Marketplace | Audio Switcher

メリットとしては、Windowsの右下のデバイスの切り替えで設定メニューを開くことなく、
Stream Deckのボタンによって切り替えられるという部分で便利になるでしょう。

種類としては
・設定した2つのデバイスを1つのボタンを押すだけで切り替えられるもの
・設定した1つのデバイスを1つのボタンを押すだけで起動できるもの
があります。

1つのボタンを押すだけで発動するものに関してはONの時のアイコンと、OFFの時のアイコンが別々になります。
これを利用して、現在使用されているデバイスがどれなのかが瞬時にわかるというメリットがあります。

それぞれに便利な場面があるので、ぜひ見て行ってくれると幸いです。

「Audio Switcher」
タイトル内容頻度
Toggle Audio Device2つのデバイスを1つのボタンを押すだけで切り替えられる
Set Audio Device設定したデバイスに1ボタンだけで切り替えられる
「VTube Studio」 プラグイン内容

Discord

Discord

Discordに関するプラグインです。

結構いろいろな項目があり、特にボイスチャンネルでの自分のマイクのON/OFFを設定したり、スピーカーのミュートを設定できたりとDiscordの画面でクリックすることなく、Stream Deckのボタンで可能になります。

Elagato Marketplace | Discord

Discordをよく使う人にとってはテキストチャンネルを直接見に行ったり、ボイスチャンネルに行くこともあるでしょう。その時に使えそうなのがこのDiscordのプラグインになります。
Discordを開かずともStream Deck上のボタンをクリックするだけでも設定した先に飛べます。
また、音量設定に関しても従来のやり方だと手間かかりそうな感じだったのがこのプラグインによって視覚的にかつわかりやすくなっております。ぜひ使ってみてはどうでしょうか。

「Discord」
名前内容頻度
サウンドボードDiscordのサウンドボードのサウンドを再生
消音マイクの消音を切り替え
スピーカーミュートスピーカーミュートを切り替え
ボイスチャンネルボイスチャンネルを開始または終了
テキストチャンネルテキストチャンネルに移動
押して話す押したままにして話す
押してミュート押したままにしてミュート
オーディオデバイスを設定オーディオ入力と出力デバイスを設定
サーバー統計情報サーバーのユーザー/メッセージの統計情報を表示
音声入力モードの切り替えプッシュトゥトークとボイスアクティビティモードを切り替え
通知最近の通知のアラートを表示
ユーザー音量のコントロール通話中のユーザーの音量をコントロールします
音量コントロールオーディオデバイスの音量をコントロールします
「Discord」プラグインの個別内容

Volume Controller

Volume Controller

Volume Controllerに関するプラグインです。

ここでは音声ミキサーでの調整に使われるものになります。

Elagato Marketplace | Volume Controller

Audio Switcherとの違いはこちらではアプリやソフトを個別に音量を調節するのに使われるものになります。
Audio Switcherではデバイスを切り替えるものになります。
例えば、システムの音量だけを調整したい、Google Chromeの音量だけを調整したいなど単体で調整するときに使われます。

通常ですとデスクトップ右下の「音量ミキサーを開く」で設定を開いてから調整をする必要があるのですが、こちらで設定するとStream Deck上のボタンで調整することが可能になります。

VTube Studio

VTuberとして活動されている方限定になりますが、VTuberで活動されている中でも様々なトラッキングソフトがあります。
その中のひとつに「VTube Studio」がありますが、これを利用している方には便利なプラグインとなっています。

ホットキーを設定することはもちろん可能です。
また、モデルのサイズと位置を設定しておくことでいつでも同じ状況を再現するといったことも可能になっているので、おすすめのプラグインとなっています。

詳しくは次の関連記事にて書かれてありますのでぜひ見て行ってください。

「VTube Studio」
タイトル内容頻度
Change Modelモデルを変更
Trigger Hotkeyホットキーを呼び出す
Move Modelモデルを移動
Scale Modelモデルのサイズを変更
Reload Modelモデルを初期状態にリロードする
ホットキーを全く使わない状態のモデルになる
「VTube Studio」 プラグイン内容
タイトル内容頻度
Zoom Modelズームインまたはズームアウト
Rotate Model時計回りまたは反時計回りに回転します。
Move X-Axisモデルを左または右に移動します。
Move Y-Axisモデルを上下に移動します。
「VTube Studio」 プラグイン内容
※Stream Deck + ダイヤル専用項目

なんか便利そうなプラグイン

ここでは、使う人にもよる部分もあり要らないかなと思われる機能もあるかもしれません。
でも、星詠れいの中で使ってみて、案外使えるなと思ったプラグインをいくつか紹介していきます。

Twitch Watcher

Twitch Watcher

設定の中では Krabs – Stream Deck Labs ⇒Twitch Watchaerとなっております。

Elagato Marketplace | Twitch Watcher

Twitch Watcherの設定

これはTwitchの配信者のURL(正確にはユーザー名)を登録することで、配信者のアイコンがボタンに表示されるようになります。

星詠れいのURLは「https://www.twitch.tv/hoshiyomiray」
なので「hoshiyomiray」を入れています。

Twitch WatcherのON OFF

左の明るい状態:Twitch配信中
右の暗い状態:配信していない状態
となることがわかります。

さらには、配信者のボタンをクリックすることでも直接飛べるようになります。

Youtube Ticker

Youtube Ticker

設定の中では Dahn and Partners Ltd. ⇒ Youtube Tickerとなっております。

YouTube配信者のチャンネルのURLを貼り付ければ、配信者のアイコンが出るようになります。

Elagato Marketplace | YouTube Ticker

こちらでは、Live中かどうかがわかります。
Live中でなければ、過去の動画のうち最後の投稿の動画時間が画面に表示されていることがわかります。

さらには、配信者のボタンをクリックすることでも直接飛べるようになります。Live中でなければ、過去の最新動画に飛びます。

CPU

CPU

設定の中ではカスタム⇒CPUとなっております。

Stream Deck上でCPUの使用率を確認できます。
(ただ、執筆時点ではうまく機能しているかは怪しいところです。)

Elagato Marketplace | CPU

実際の使い方としては、ボタンを押すと「タスクマネージャー」を直接開けますのでこちらの方が便利になりそうです。

注意

タイトルに名前を入れるとCPUの数値が見えなくなります

アナログ時計

アナログ時計

設定の中ではカスタム⇒Analog Clockとなっております。

Stream Deck上のボタンでアナログの時計を確認することができるようになります。

Elgato Marketplace | Analog Clock

注意

タイトルに名前を入れるとデジタル時計が見えなくなります

Speed Test

Speed Test

設定の中では BarRaider ⇒ Speed Testとなっております。

これは回線速度が正常かどうかをボタンを押すだけで確認することができます。

Elagato Marketplace | Speed Test

また、設定の中で「Autorun every (minutes)」の部分に数値を入れると自動で回線速度を計測してくれるようになっています。「30」とか「60」とかでいいです。ちょっと意味がわからないですが、これでも動いていますので…

あとは、「server」についてはよくわからず、今は「-CLOSEST SERVER -」のまま設定しております。

YouTube

YouTube

YouTube配信用の設定ができます。
とはいえ、チャットメッセージと視聴者の数の確認しかありません。
こちらをメインとして使うことはないでしょうが、チャットメッセージであらかじめメッセージを作っておいて咄嗟にすぐに出せるようにすることにも使えそうです。

Elagato Marketplace | YouTube

World Time

この章は編集中なのでお待ちください

World Time

世界の現在時刻がStream Deck上で見れるようになっています。
これはビジネスに近いですね。
配信者であれば、海外の人がコメントに来る場合もあるので、その外国の国を指定して日付と時間が見れるようになれば結構便利じゃないかなと思います。

Elagato Marketplace | World Time

質疑(多分聞かれるだろうである内容)

改行はどうするのですか?

Shiftキーを押しながら、Enterキーを押すと改行できます。

タイトルに書かれてる内容が反映されてないんだけど?

タイトルに書かれている内容は以下のことをしないと反映されません。気をつけてください。

左記の形にしていますか?
この形にしていないのであれば、直してみてください。

この形だと元データからタイトルを取ってしまいます。

急に特定のプラグインが動かなくなったんだけど?

何故かはわからないですが、時々プラグインが機能しないことがあります。
一旦プラグインをアンインストールをして再インストールしてみて下さい。
プラグインのページを開いて、アンインストール→インストールするだけで大丈夫です。
急に特定のプラグインが動かなくなったんだけど?
他の原因については、Stream Deckとの連携にはAPIが使われます。
連携先アプリのAPIの仕様変更により使えなくなる場合があります。
この場合は製作者の修正待ちとなるかなと思います。

配信者にむけて【OBS Studio】での設定

配信者を目指す方にとっては以下の記事も参考にできるかなと思います。
Stream DeckとOBS Studioを両方使いこなしていきましょう。

まとめ

ここではStream Deckの基本的なプラグインとおすすめの追加プラグインについてお話してきました。
他にも便利なプラグインがあるかもしれないですが、ほぼ全て英語なので星詠れいにはうまく使える自信がないです。
うまく使えそうなものがあればぜひ使ってみてはいかがでしょうか?
基本的には本当に便利なので、ぜひ試しに使って頂けたら幸いです。
ここまでお読みいただきありがとうございました!

Stream Deck記事一覧

Stream Deck まとめ

Stream Deck 基本設定

Stream Deck プラグイン

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です