【DBD】世界2位アーティストのチェイス講座|上級・うまくなりたい人向け

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵
ここではアーティストのチェイスをキラー目線でどういう風にやっていけばいいかを星詠れいの言葉で書き綴っていきます。あくまでも参考にということで見て頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

アーティスト

アーティストの全てをまとめたものは以下の記事にあります。
ここではカラスの使い方と基本的な考え方をメインに据えた紹介になります。

こちらの記事ではDead by Daylightにおける星詠れいの作成した記事を全て紹介しているところになります。

さらに便利機能として辞書ツールを活かしてみたものを作成してみました。

【DBD】ユーザー辞書に登録して関連用語をすぐに出してみよう

うまくなりたいと思った人に伝えたいこと

大前提として徒歩チェイスの基本は先に覚えておいたほうが良いかもしれません。

星詠れいの考え方は、基本の徒歩チェイスが大前提として存在するものとして、それを補助するためにアーティストのカラスがあるという考え方です。
意外に思われるかもしれないですが、星詠れいはカラスを大きく頼っていることはないのです。
その場のチェイスで一番効率のいい最短でのダウン方法は何かを考えて、カラスが一番手早くダメージを与えられるのならカラスでダメージを与える方法を採るという考えです。

なので、大前提には徒歩チェイスの基本が存在しているということです。
素直に最短距離で追うこと、場所によってはフェイントを活用するなどといったことをしているのです。
ステインフィエントも普通に使います。

世の中のアーティストには理論派とロマン派がいます。
理論派はチェイスの時短を目的としたものです。
ロマン派は2連カラスなどの魅せプレイを目的としたものです。

星詠れいのカラスの使い方としては、理論派の究極的なタイプのアーティストです。

Point1.窓越え、板越えのタイミングをしっかり見る

板越えの時と窓越えの時のタイミングというのは、サバイバーの動きのモーションが固定されています
ということはつまり、他の遠投系キラーと同じくタイミングを計ってカラスを発射すればダメージが入りやすいということになります。
飛び越えた時のタイミングでダメージを与えられる場合は、飛び越えなくても通常攻撃で仕留められることが多いです。

サバイバーを追いかけている最中にその先に倒れている板が確認できている場合や、窓があると予想できた場合には早い段階でカラスを設置する準備はしておくことは大切でしょう。

Point2.キラー小屋での追い込み方

多くのマップで存在するキラー小屋はアーティストのカラスを当てるための追い込み方の基本が詰まっているオブジェクトです。
カラスを置く場所は基本的には角の部分です。
角といっても、サバイバーから見えないようなカラスの置き方をすることが大切です。

サバイバーから視認できるようなカラスの置き方をした場合は、うまいサバイバーであればカラスの方向を視認されてしまい、コース上を通ってくれないことになるでしょう。そうなるとカラスでの負傷は失敗ということになります。

ですので、カラスを置くときは壁に向けて奥の方の壁の先をサバイバーが通ったら当たるようなそういうカラスの置き方をするのが正解になります。

Point3.地下フックでの戦い方

地下フックにサバイバーを吊れた場合は、アーティストにとっては非常に高い確率で有利に立ち回れるようになります。
地下から救助されたときに地下から二人のサバイバーが上ってくるのですが、その二人を階段上からのカラスで同時にダメージを与えて、少なくともどちらか一人をダウンまで持っていける可能性が高いです。
もし救助した人が負傷していた場合は、二人ダウンも狙えることもあります。

なので、地下のあるところまでチェイスしてダウンして地下に運べるようにチェイス誘導できるといいです。

Point4.担ぐ前に1羽カラスを置く

これはフックから救助されたサバイバーをトンネルしてダウンした時には必ずやっておいたほうがいいでしょう。
ストライクがある可能性を考慮してストライクが発動されてもすぐチェイスでカラスダウンが狙えるように、カラスをあらかじめ置いています。
そういうことなのでアーティストにはストライクがあまり効きにくい要因の1つになっています。

Point5.簡単な2連カラスの考え方

バベチリや不協和音を持っていきます。アドオンは切断された手がいいでしょう。
そのときに発電機にサバイバーがいるのを確認したら、カラスを早速おいていきます。
ある程度距離が必要になりますが、まず第一段階に狙う発電機から遠い方のカラスを2羽発電機のサバイバーに向けて設置します。並列上に並べてカラスを置いていくといいでしょう。
次に残り1羽のカラスについては、発電機の方向に向かって進み、左下のゲージが4時の方向を指したあたりになれば、発電機の方向に向けて設置していきましょう。
そうして設置が完了したら発射していきましょう。

発電機に近い側のカラスがまずサバイバーにカラス纏わり付きが発生します。もし、もう一人の修理者がいた場合には切断された手によってカラスの纏わりが伝播されて二人がカラスの纏わり付きの状態になります。
そうしたら、今度は発電機から遠い方の置かれた2羽のカラスが後追いで纏わり付いた二人のサバイバーに直撃します。
そうしたら纏わり付き済みなので、ダメージを与えられるようになります。

これが基本的な2連カラスの使い方になるでしょう。

これを実行するには必ず左下のゲージが4時を指すまでの距離を開けてカラスを設置していく必要があります。
1羽目のカラスを当てて纏わり付きが発生した時に0.75秒ほどのカラス無敵時間が発生するためです。
そのためある程度の距離を空ける必要があります。

Point6.平地での確定ポジションを覚えていく

これは、特定のポジションではこういう置き方をしたらカラスを食らうしかなくなるかカラスを食らわなくてもアーティストからの通常攻撃によって確実にダメージを与えられるポジションのことを言います。

分かりやすいところでいうならマップ端っこにある板グルポジションになるでしょう。
サバイバーの後ろには壁しかなくて逃げ場が横にしかない場合が該当します。

おわりに

アーティストをもっとうまくなりたいと考えたときの星詠れいが考えられる試合中にできる実践方法を考えてみました。
これの次の段階に行くものもありますが、まずはここに書かれていることができるようになってから次のレベルに進めていっていくといいかもしれません。

アーティストはチェイスの幅広さはとても広いので楽しめるキラーかなと思います。
全てのことを覚えなくても大丈夫なので、初心者から一つずつ段階を踏んでいってどんどんチャレンジしていければいいなと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

アーティスト記事一覧

アーティストのガイドブック

アーティストの個別記事

チェイス解説と考え方

世界3位の証明

世界4位の証明

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です