【Stream Deck】音声デバイスをワンボタンで切り替える|プラグイン特集[Audio Switcher]

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

ここではAudio Switcherを使っての配信時の設定や使い方を星詠れいが実際に使っているやり方を説明していきます。
真似とはいかずにも参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

Stream Deck

ここではStream Deckのプラグイン【Audio Switcher】を使ったデバイス切替機能について紹介していきます。

Stream Deckを大まかにまとめ紹介したページとしては以下のリンク先となっています。

一番おすすめのStream Deck MK2の紹介
Amazonリンク先

Stream Deck MK2

この製品は標準的なStream Deck MK2です。
ボタンが15個あって、お値段が2万と程よい価額で発売されています。
迷ったらおそらくこれを買えば間違いないと思います。

星詠れいが使っているのはこの製品です。
白いものを使っています。

【Amazon】Stream Deck MK2 【公式】Stream Deck MK2

Elgato様

Elgato Support様

Elgato JP様

Audio Switcherプラグインについて

これはWindowsの音声出力デバイスと音声入力デバイスをボタンによってコントロールすることが可能になるプラグインとなっています。

基本的にはデスクトップ画面右下のサウンドマークのところからデバイスを切り替えることができます。
また、設定からでも切り替えることが可能になっています。
ただ、このためには何度か画面上をクリックすることになり、それが面倒だと感じる場合もあるかもしれません。

でもStream DeckのAudio Switcherだと、Streram Deck上のボタンを押すだけで切り替えてくれるのです。
Audio Switcherには音量調節機能はありませんが、デバイスを切り替えてくれるだけでも非常に有能な機能となっているので、手放せないプラグインのひとつとなっています。

Audio Switcher

設定の中ではAudio Devicesとなっております。

サウンドに関する機能で、マイクの切り替えや、スピーカー、ヘッドホンの切り替えが可能になります。

Elagato Marketplace | Audio Switcher

Toggle Audio Device

こちらは設定した2つのデバイスを1つのボタンを押すだけで切り替えられるようになります。

Toggle Audio Device の説明

Direction
「input」 or 「output」

Role
「Default」でいいと思います。

Primary:1つ目のデバイス
Secondary:2つ目のデバイス

Device matching
「Exact」(基本はこちら)

翻訳(英語・日本語)
設定項目選択肢日本語訳
Directioninput入力デバイス
output出力デバイス
RoleDefaultデフォルト(不明)
Communication(不明)
Primary1つ目のデバイス
Secondary2つ目のデバイス
Device matchingExact完全一致
Fuzzyあいまい一致
Toggle Audio Device の説明
Primary DeviceがON

PrimaryがONになっている状態です。
左側の方にスイッチが入っている時のものです。

※ヘッドホン画像はBladeのアイコンです。

Secondary DeviceがON

SecondaryがONになっている状態です。
右側の方にスイッチが入っている時のものです。

※モニター画像はBladeのアイコンです。

使い方の一例について

便利な使い方

動画視聴時、深夜帯は近隣に迷惑になるとき等ではヘッドホンで視聴しております。
深夜帯以外での動画視聴時にはモニターのスピーカーから音を出して視聴しております。

そのたびにシステム⇒サウンド⇒音量ミキサーのところから毎回出力デバイスを切り替えていくのは手間があって面倒なのですが、このToggle Audio Deviceによってワンタッチボタンで切り替えができます

画像に出している例ですが、
Primary:スピーカー(Realtek USB Audio)はヘッドホン用
Secondary:VG259QM(NVIDIA High Definition Audio)はモニターのスピーカー用
となっており、それぞれ必要な時に切り替えられるようになっています。

Set Audio Device

こちらは設定したデバイスに1ボタンだけで切り替えられるものになります。
3つ以上のデバイスを使い分けたい場合に、Toggleでは2つまでしか切り替えられないので、こちらのSetの方を使っていくことになります。3つのデバイスそれぞれを設定して、好きな時に1ボタン押していけば切り替えてくれるようになります。

Set Audio Device の説明

Direction
「input」 or 「output」

Role
「Default」でいいと思います。

Device:デバイス

Device matching
「Exact」(基本はこちら)

翻訳(英語・日本語)
設定項目選択肢日本語訳
Directioninput入力デバイス
output出力デバイス
RoleDefault(不明)
Communication(不明)
Deviceデバイス
Device matchingExact完全一致
Fuzzyあいまい一致
Set Audio Device の説明
ON

DeviceがONになっている状態です。
左側の方にスイッチが入っている時のものです。

※ヘッドホン画像はNeon Gridsのアイコンです。

OFF

DeviceがOFFになっている状態です。
右側の方にスイッチが入っている時のものです。

※モニター画像はNeon Gridsのアイコンです。

使い方の一例について

便利な使い方1

デバイス1:スピーカー(Realtek USB Audio)はヘッドホン用
デバイス2:VG259QM(NVIDIA High Definition Audio)はモニターのスピーカー用
デバイス3:他の出力デバイス

と並べておいた場合に、現在の音声出力デバイスがわかるといったことも可能です。
この機能はONとOFFでアイコンが切り替わることができるので、
現在使用しているデバイスを「LIVE中」とわかりやすいアイコンにしていきます。
それ以外の使われていないデバイスを「消灯中」みたいなアイコンにしていきます。
そうすると、並べてみた場合に今使われているのがどれかわかりやすく感じられるかもしれません。

種類ヘッドホンモニターBluetooth
ON/OFFOFFONOFF
上記画像での選択状態
便利な使い方2

マルチアクションを使ったやり方になります。
マルチアクションにも設定することが可能になっていますが、こちらではSetするデバイスを決めておくことで、マルチアクションを実行するときにデバイスをSetしたものに自動で切り替えてくれるといったことも可能です。

それを大きく活かしたのが配信開始時の準備のマルチアクション使用時となります。
以下の記事にて紹介をしていますので是非見ていってくれると嬉しいです。

まとめ

ここではAudio Switcherの使い方をまとめてみました。
皆様の配信の手助けになれば幸いです。
ここまでお読みいただきありがとうございました!

Stream Deck記事一覧

Stream Deck まとめ

Stream Deck 基本設定

Stream Deck プラグイン

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です