【Stream Deck】実際の使い方一覧と設定まとめ|プラグイン特集[プロファイル&フォルダ]

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

ここでは様々なプラグインの中身について紹介するものになります。
ここでは主にフォルダとプロファイルについての説明になります。実際の使い方についてもまとめてみました。

どうぞ見て頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Stream Deck

ここではStream Deckのプラグインのうち「操作」について紹介していきます。
主にはプロファイルとフォルダについて解説していきます。

Stream Deckを大まかにまとめ紹介したページとしては以下のリンク先となっています。

一番おすすめのStream Deck MK2の紹介
Amazonリンク先

Stream Deck MK2

この製品は標準的なStream Deck MK2です。
ボタンが15個あって、お値段が2万と程よい価額で発売されています。
迷ったらおそらくこれを買えば間違いないと思います。

星詠れいが使っているのはこの製品です。
白いものを使っています。

【Amazon】Stream Deck MK2 【公式】Stream Deck MK2

Elgato様

Elgato Support様

Elgato JP様

操作プラグイン

Stream Deckのソフトをダウンロードした時に、最初から出てくるプラグインのひとつです。
操作プラグインについては使用できるボタンの数を無限に増やしてくれるようなそういったものになります。
機器は変わりようがないので15個だったり32個だったりとそれだけになりますが、以下で説明されるようにプロファイル切り替えやフォルダによって使うボタンの量を増やすことが可能になってきますので、よく使われる機能となっています。

操作のプラグイン内容一覧

フォルダ

1つのボタンにフォルダを登録すると、階層構造で下部階層に新しいものが生まれて、そこからさらにボタンを登録をしていくことができます。

プロファイルと違い、自動で勝手に切り替えてくれるようなものではなく、フォルダのあるボタンを押してから進むことができます。
登録できるボタンの数もフォルダも無限なのでたくさん使えるでしょう。
多すぎるとどこにボタンがあるか忘れがちなので注意が必要になります。

注意点としてはプロファイルと違ってページの概念がないです。
ですので、次のページに進むといったことはありません。
さらにボタンの量を増やしたいならフォルダをまた作っていくという形になるでしょう。

プロファイル切り替え

1つのボタンにプロファイル切り替えを登録すると、ページなどのように自由に追加登録できます。
例えば、配信用と普段使い用のプロファイルを作って、それぞれに関連したボタンだけを登録して必要な時に切り替えて使うといったことができます。

また、特定のアプリがフォアグラウンドになったときに、指定したアプリのプロファイルに自動で切り替えする機能も存在します。
これを使うと、例えば、Discordをアクティブにしたら、Discordのプロファイルに切り替わります。
Discordのプロファイルに登録されたボタンの設定を使えるようになります。
そして、Discordからアクティブを外す(ノンアクティブにする)とデフォルトプロファイルに戻ります。

これは他のどのプロファイルにもそういう設定ができ、すべてが自動で切り替えするかしないかも選択することができます。
ストアではこうしたプロファイルなども公開されています。有料のパターンもありますが、無料のプロファイルもありますので、ぜひ確認してみてはどうでしょうか。

次のページ

プロファイル内で、次のページに進む機能になります。

前のページ

プロファイル内で、前のページに戻る機能になります。

ページ移動

プロファイル内で、指定したページに移動する機能になります。

ページインジケータ

プロファイル内で、現在のページ数を表示する機能になります。

アイコンで背景がシンプルなものを選ぶと、数字が消えずそのまま出ていてアイコン背景が出ているものになりますので、ぜひ何かいい形のアイコンがあればいいですね。

プロファイル・フォルダの異なる部分

プロファイルにする利点として、フォルダとの大きな違いは以下のようになります。

プロファイルとフォルダの違い
プロファイルフォルダ
新しいページを作れる可能不可能
特定のアプリを開いたら自動で切り替えられる可能不可能
中に新しいフォルダを作れる可能可能
事実上設定できる量無限大無限大
プロファイルとフォルダの違い

1つのページ内のボタンの用途を決める

デフォルトからそれぞれのフォルダやプロファイルに飛ぶ際にどういうものをまとめて表示させるかを決めていきましょう。
使いどころはとても多くあると思います。

用途別の例として
01.配信(OBS Studio)

・シーンの切り替え
・ソースの可視性の切り替え
・その他多数の設定

02.DIscord

・音量調整
・チャンネルの確認

03.動画配信視聴(Twitch&YouTube&ニコニコ動画)

・配信者のステータス(現在配信中か)
・歌を聞きたい時にすぐ飛べるように

04.X(Twitter)

・見たいXページを登録してすぐ飛べるように

05.ネットサーフィン(よく見るブログサイト)

・ブックマーク
・YahooやAmazonなど

06.ブログ編集(WordPress)

・WordPress
・グーグルの関連Webサイト

07.Office系ソフト(Excel&Word&PowerPoint等)

・Excel
・Word
・PowerPoint
・OneNote

08.ビジネスソフト(ショートカットキーが設定可能なソフト)

・AutoCAD
・Adobe
・動画編集ソフト

09.サウンド関連

・個別の音量ミキサー調整

10.お気に入り

・ゲームなどなんでも
・攻略wikiのWebページ

決めていったらプロファイル別に登録をしていきましょう。
デフォルトファイルのトップには15の枠があります。(Stream Deck MK2の場合)
いくつかのボタンをプロファイル切り替えにしていきましょう。

実際の使い方の参考例

ここから先は

ここから先書かれている内容は、星詠れいの実際の設定例の一部の紹介になります。
参考程度に留めておいて、もし真似したいとなったときに参考にして見て頂ければ幸いです。

使い方がわからないよーという方向けに紹介していきます。

表について

表はかなりのボリュームになっています。
スマホでは横スクロールで対応していますが、それでも見づらいかもしれません。
できればパソコンでのブラウザで開いて見ることを推奨します。

PDFとして紹介しています。
スマホの方はダウンロードして頂いて確認をしてもらう形になります。
大まかな考え方についてはこのようになると理解して頂けると幸いです。

00.デフォルトプロファイル

00.デフォルトプロファイル
実際のボタン配置例
00.デフォルトプロファイル
タイトルプラグイン設定内容
12/1BarRaider:
 World Time
現在の日付の表示
スピーカー
切り替え
Monitor
Audio Devices:
 Toggle Audio Device
出力デバイスの設定切り替え&確認
・左側はヘッドホン用&アイコンは「ヘッドホン」
・右側はモニター用&アイコンは「モニター」
1操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
時刻カスタム:
 アナログ時計
現在の時刻の表示
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
00.デフォルトプロファイルの2ページ目に移る
配信操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
01.配信
Discord操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
02.Discord
Twitch
YouTube
Niconico
操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
03.動画配信視聴
X Twitter操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
04.X Twitter
ネット
サーフィン
操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
05.ネットサーフィン
ブログ関連操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
06.ブログ関連
Office操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
07.Office
ビジネス操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
08.ビジネス
サウンド操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
09.サウンド
お気に入り操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
10.お気に入り

基本的には様々なものを入れていくといいでしょう。
デフォルトのトップの15タイルの大半には別のプロファイルに飛ばすようにして、残りは便利な機能のプラグインを入れたり、フォルダを作成してまた新しいページに飛んで行ったりと様々なことができます。

・アナログ時計
・CPU使用率
・日時表示
・世界時計(現地の時間)
・よく飛ぶWebサイト
・自PC上の「ダウンロード」など
・自PC上のよく見るフォルダなど
・自PC上のappから先の通常は見えない隠しフォルダの先のリンク
 ⇨例えば、マインクラフトのスクリーンショットなどがあります

01.配信

01.配信
実際のボタン配置例
01.配信
タイトルプラグイン内容
デフォ
戻る
操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
配信準備マルチアクション:
 マルチアクション
配信を始めるために必要なものを開く設定
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
DBD
PlayerStats
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://dbd.tricky.lol/
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
01.配信の2ページ目に移る
スピーカー
切り替え
Monitor
Audio Devices:
 Toggle Audio Device
出力デバイスの設定切り替え&確認
・左側はヘッドホン用&アイコンは「ヘッドホン」
・右側はモニター用&アイコンは「モニター」
音声認識
OFF
マルチアクション:
 マルチアクションのスイッチ
➡OBS Studio:ソースの可視性
音声認識字幕ちゃんの配信画面表示切り替え
マルチアクション内でそれぞれ設定する
・左側(1)はソースの可視性を「非表示」&アイコンは「LIVE」
・右側(2)はソースの可視性を「表示」&アイコンは「電源OFF」
アナログ時計カスタム:
 アナログ時計
現在の時刻の表示
スライドショー
切り替え/OFF
OBS Studio:
 ソースの可視性
スライドショーの配信画面表示切り替え
・左側アイコンは「LIVE」
・右側アイコンは「電源OFF」
MarkerTwitch Tools [BarRaider]:
 Create Stream Marker
Twitchでマーカーを残すためのボタン
設定は特になし
ボタンを押すだけでマーカーが作成される
シーン
雑談/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン2:雑談に設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
シーン
プレイ/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン3:ゲームプレイに設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
シーン
リザルト/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン3A:リザルト画面に設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
シーン
離席/OFF
OBS Studio:
 シーン
シーンの表示・非表示の確認&ボタンで切り替え
配信シーン4:離席に設定する
・左側(ON)でシーンが現在稼働中&アイコンは「LIVE」
・右側(OFF)でシーンは別のところで稼働中&アイコンは「電源OFF」
試合後
チャット
システム:
 テキスト
メッセージ内容をボタンで即出す設定
チャット内容を設定する。星詠れいは以下の通り
ggs<3 ,thx match,have a good day,see you again.

配信については専用の紹介記事がありますのでそちらでご覧になるといいでしょう。
基本的には配信時に必要なボタンを整理したものになります。
主なプラグインとして、
・OBS Studio
・Twitch
の2種類になります。
YouTubeで配信していらっしゃる方でもYouTubeのプラグインは存在しているので大丈夫でしょう。
ただこちらは搭載されている機能は少なくなってしまいます。

以下の専用記事で細かくどういう設定があるか紹介しているのでこちらを見て頂くと嬉しいです。

参考プラグイン

02.DIscord

02.DIscord
実際のボタン配置例
02.DIscord
タイトルプラグイン内容
デフォ操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
入力/マイク
出力/ヘッドホン
ON
Discord:
 オーディオデバイスを設定
デバイスの設定状況確認
モード:両方を設定
入力:マイク
出力:スピーカー(ヘッドホン)
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
入力/マイク
出力/モニター
OFF
Discord:
 オーディオデバイスを設定
デバイスの設定状況確認
モード:両方を設定
入力:マイク
出力:モニター
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
02.Discordの2ページ目に移る
Discord
Channel
操作:
 フォルダ
フォルダに移る
Discordのチャンネル一覧が見れる
入力/50%Discord:
 音量コントロール
入力デバイスの設定リセット
デバイス:入力
モード:設定
目標音量:50%
マイク/ONDiscord:
 消音
入力デバイスのON/OFF切り替え
マイクのON/OFF切り替え
入力/-5%Discord:
 音量コントロール
入力デバイスの音量微調整
デバイス:入力
モード:調整
アイコンのスタイル:動的(横向き)
ステップサイズ:-5%
入力/+5%Discord:
 音量コントロール
入力デバイスの音量微調整
デバイス:入力
モード:調整
アイコンのスタイル:動的(横向き)
ステップサイズ:+5%
出力/0%Discord:
 音量コントロール
出力デバイスの音声ミュート
デバイス:出力
モード:設定
目標音量:0%
出力/100%Discord:
 音量コントロール
出力デバイスの音量リセット
デバイス:出力
モード:設定
目標音量:100%
スピーカー/ONDiscord:
 スピーカーミュート
出力デバイスのON/OFF切り替え
スピーカーのON/OFF切り替え
出力/-5%Discord:
 音量コントロール
出力デバイスの音量微調整
デバイス:出力
モード:調整
アイコンのスタイル:動的(横向き)
ステップサイズ:-5%
出力/+5%Discord:
 音量コントロール
出力デバイスの音量微調整
デバイス:出力
モード:調整
アイコンのスタイル:動的(横向き)
ステップサイズ:+5%

基本的には通話時やチャンネルを訪れるときに必要なボタンを整理したものになります。
主なプラグインとして、
・Discord
の1種類になります。

以下の専用記事で細かくどういう設定があるか紹介しているのでこちらを見て頂くと嬉しいです。

参考プラグイン

03.動画配信視聴

03.動画配信視聴
実際のボタン配置例
03.動画配信視聴
タイトルプラグイン内容
デフォ戻る操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
Twitch
顔アイコン
Krabs – Stream Deck Labs:
 Twitch Watcher
チャンネルの配信可視化&リンク先に飛ぶ
※見たい配信者のユーザーIDを貼る
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
Twitch
顔アイコン
Krabs – Stream Deck Labs:
 Twitch Watcher
チャンネルの配信可視化&リンク先に飛ぶ
※見たい配信者のユーザーIDを貼る
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
03.動画配信視聴の2ページ目に移る
Twitch
顔アイコン
Krabs – Stream Deck Labs:
 Twitch Watcher
チャンネルの配信可視化&リンク先に飛ぶ
※見たい配信者のユーザーIDを貼る
YouTube
Channel
操作:
 フォルダ
フォルダに移る
YouTube Channelの配信者の一覧
Twitch
Channel
操作:
 フォルダ
フォルダに移る
Twitch Channelの配信者の一覧
Niconico操作:
 フォルダ
フォルダに移る
Niconicoの動画投稿者の一覧
Twitch
顔アイコン
Krabs – Stream Deck Labs:
 Twitch Watcher
チャンネルの配信可視化&リンク先に飛ぶ
※見たい配信者のユーザーIDを貼る
Twitch
顔アイコン
Krabs – Stream Deck Labs:
 Twitch Watcher
チャンネルの配信可視化&リンク先に飛ぶ
※見たい配信者のユーザーIDを貼る
YouTubeシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.youtube.com/
Twitchシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.twitch.tv/
Niconicoシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.nicovideo.jp/
Twitch
顔アイコン
Krabs – Stream Deck Labs:
 Twitch Watcher
チャンネルの配信可視化&リンク先に飛ぶ
※見たい配信者のユーザーIDを貼る
用語:ユーザーID

※見たい配信者のユーザーIDを見るには以下の部分を見て行きます。
星詠れいのTwitchのURLは「https://www.twitch.tv/hoshiyomiray」です。
ユーザーIDはその中の「hoshiyomiray」の部分になります。

主なプラグインとして、
・Twitch Watcher
・Youtube Ticker
・システム:Webサイト
の3種類になります。

参考プラグイン

04.X(Twitter)

04.X(Twitter)
実際のボタン配置例
04.X(Twitter)
タイトルプラグイン内容
デフォ操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
ホームシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
ホロライブ操作:
 フォルダ
フォルダに移る
ホロライブのXのURLのリスト
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
04.X(Twitter)の2ページ目に移る
DBD公式システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/DeadbyBHVR_JP
神ゲー攻略システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/dbd_kamigame
DBD
リスト
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/i/lists/000000000
イラスト
リスト
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/i/lists/000000000
ホロライブ
リスト
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/i/lists/000000000
ちなシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/〇〇〇〇〇
なこシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/〇〇〇〇〇
りーシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/〇〇〇〇〇
ぽこシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/〇〇〇〇〇
ひかシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://twitter.com/〇〇〇〇〇

WebサイトのURLを登録して、ボタンを押したら即飛べるようにするのがいいかもしれません。
・システム:Webサイト

05.ネットサーフィン

05.ネットサーフィン
実際のボタン配置例
05.ネットサーフィン
タイトルプラグイン内容
デフォ操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
お買い物
関連
操作:
 フォルダ
フォルダに移る
よく使う製品のURLのリスト
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
ブログ巡回操作:
 フォルダ
フォルダに移る
よく見るブログのURLのリスト
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
05.ネットサーフィンの2ページ目に移る
Yahooシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.yahoo.co.jp/
Googleシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.google.co.jp/
Amazonシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.amazon.co.jp/
Pixivシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.pixiv.net/
Pinterestシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.pinterest.jp/
MarketPlaceシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://marketplace.elgato.com/
Gmailシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://mail.google.com/
Boothシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://booth.pm/
Canvaシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.canva.com/
クリスタシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://accounts.clip-studio.com/

フォルダにお買い物関連だったりブログを回るためのものを作っておいてもいいかもしれませんね。

WebサイトのURLを登録して、ボタンを押したら即飛べるようにするのがいいかもしれません。
・システム:Webサイト

06.ブログ編集

06.ブログ編集
実際のボタン配置例
06.ブログ編集
タイトルプラグイン内容
デフォ操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
ホームシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
ワードプレスのURL
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
マイブログシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://game.deaf-ray.com/
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
06.ブログ編集の2ページ目に移る
画像システム:
 テキスト
テキストを打ち出す
/画像
アナリティクスシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://analytics.google.com/
サチコシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://search.google.com/search-console/
アドセンスシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://www.google.com/adsense/
コンテンツブロックシステム:
 テキスト
テキストを打ち出す
/コンテンツブロック
table
Enterあり
システム:
 テキスト
テキストを打ち出す
/table
タイムライン
Enterあり
システム:
 テキスト
テキストを打ち出す
/timeline
h2システム:
 テキスト
テキストを打ち出す
/h2
h3システム:
 テキスト
テキストを打ち出す
/h3
h4システム:
 テキスト
テキストを打ち出す
/h4

ブログを運営するうえでも欠かせないウェブサイト・ショートカットキーを設定するのが主となるでしょう。
・システム:Webサイト
・システム:テキスト

Google系のブログ運営にかかわる部分においての必要なサイトは以下のようになっていますので、それらをすべて登録しておきます。
・WordPress
・グーグルアナリティクス
・グーグルサーチコンソール
・グーグルアドセンス

07.Office系ソフト

(Excel&Word&PowerPoint等)
PowerPointに関してはプラグインにあります。
主にスライドショーで使われているみたいです。
注意点として、ExcelとWordに関しては有料になっています。
・マルチアクション
・システム:テキスト
・システム:ホットキー
あたりが使われるかなと思います。

参考プラグイン

参考プロファイル(※有料)

08.ビジネスソフト

(ショートカットキーが設定可能なソフト)

ビジネス用途でも十分に活用可能になると思います。
主に使うのは、
・システム:ホットキー
・システム:ホットキーの切り替え
・システム:開く
・システム:テキスト
・マルチアクション:マルチアクション

09.サウンド設定

まだ設定できていませんが、サウンドの個別の音量ミキサー調整とかでもここでまとめてやっておいてもいいのかもしれません。

10.お気に入り

10.お気に入り
実際のボタン配置例
10.お気に入り
タイトルプラグイン内容
デフォ操作:
 プロファイル切り替え
プロファイルを切り替える
00.デフォルト
FGO
AppMadia
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://appmedia.jp/fategrandorder
操作:
 ページインジケータ
現在プロファイル内の現在ページ数
ポケモンSV
AppMadia
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://appmedia.jp/pokemon_sv
NEXT操作:
 次のページ
プロファイルの次のページに移る
10.お気に入りの2ページ目に移る
DBD
神ゲー攻略
システム:
 テキスト
テキストを打ち出す
https://kamigame.jp/dbd/index.html
DBD
海外Wiki
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://deadbydaylight.fandom.com/wiki/Dead_by_Daylight_Wiki
AmongUs
ExtremeRoles
Wiki
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://yukieiji.github.io/ExtremeRoles.Docs/
TRPG
Charaeno
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://charaeno.com/
Trelloシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://trello.com/
BGAシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://boardgamearena.com/
マイクラ
サーバー
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
(非公開です)
TRPG
ココフォリア
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://ccfolia.com/
Steamシステム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://store.steampowered.com/
DMM
艦これ
システム:
 Webサイト
URL先に飛ぶ
https://accounts.dmm.com/service/login/password/

設定する際に便利な内容

プロファイルは複製できる

プロファイルは複製が可能です。

もし、デフォルトプロファイルで2ページ目以降に設定した内容で、その内容をプロファイル名を変えてそのままコピーしたいとした場合でも、デフォルトプロファイル自体を複製して複製先の名前を変えればいいのです。

もし、プロファイル名を決めれていない場合でも大丈夫です。
デフォルトプロファイルの2ページ目以降にいつも通りに想像したボタン配置とプラグインを入れていきましょう。
独自プロファイルにしたいと考えたときに複製していけばいいのです。

設定したボタンはコピーペーストできる

まずは、「Ctrl」+「C」でコピーしたいものをコピーをしていきます。
そして、「Ctrl」+「V」で貼り付けたい位置で操作すると、全く同じものが新しいところのボタンにできます。
そしたら、中身を編集しなおしていきましょう。

この場合だと、アイコンの設定内容も一緒にコピーされます。
アイコンも設定している場合は、プラグイン一覧から1つずつ入れていくよりはこちらのコピーペーストで繰り返し貼っていく方法が時短&楽にできると思います。

マルチアクションの場合でも同じく、設定内容の全てがコピーされます。
マルチアクションで多くの設定をしている場合はこちらの方が便利になる場合があるでしょう。

フォルダの中身はコピーペーストできる

基本的にはボタンと同じで、フォルダの中で設定したものがすべてアイコンの設定内容も含め一括でコピーすることができます。
これは異なるプロファイル間でも有効です。

注意すること

☐これを自分のデフォルトプロファイルにする


ここでのチェックマークのON/OFFによって少し注意点があります。

デフォルトプロファイルを設定している場合

☑これを自分のデフォルトプロファイルにする

デフォルトプロファイルを設定している場合において以下のパターンの時は注意が必要です。

デフォルトプロファイル内のいずれかのページにいる場合

Stream Deckのアプリの起動時、デフォルトプロファイルのどのページにいても同じなのですが、
その場合はアプリ画面が切り替わることはないようです。

デフォルトプロファイルのみで使っている方々には影響は特にないと思われます。

デフォルトプロファイル以外のプロファイルのページにいる場合

以上の場合は注意が必要になってきます。
Stream Deckのアプリを起動する時はどうやら、毎回デフォルトプロファイルの1ページ目に戻るようです。
また、Stream Deckのアプリを終了する時も同じく、毎回デフォルトプロファイルの1ページ目に戻るようです。

なので、配信中や他のアプリケーションを使用中にStream Deckのアプリの起動や終了をしてしまうとStream Deckの画面がデフォルト画面にいつの間にか切り替わっているといったことが起こり得ます。

デフォルトプロファイルを設定していない場合

☐これを自分のデフォルトプロファイルにする

デフォルトプロファイルを設定していない場合、
Stream Deckのアプリの起動時、終了時のいずれにおいてもアプリ画面が切り替わることはないようです。

まとめ

ここではStream Deckのプラグインのうち「操作」に関する部分についてお話してきました。
プロファイルとフォルダの違いを理解してうまく活用してみてください。
基本的には本当に便利なので、ぜひ試しに使って頂けたら幸いです。
ここまでお読みいただきありがとうございました!

Stream Deck記事一覧

Stream Deck まとめ

Stream Deck 基本設定

Stream Deck プラグイン

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です