【Stream Deck】マルチアクションで作業の効率化を目指してみよう|初期プラグイン特集[Multi Action]

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

この記事ではStream Deckの中ではおそらく一番便利であろう「マルチアクション」について使い方をお話してみようと思います。よろしくお願いいたします。

Stream Deck

ここではStream Deckのプラグイン【マルチアクション】について紹介していきます。
Stream Deckを大まかにまとめ紹介したページとしては以下のリンク先となっています。

Stream Deck MK2

この製品は標準的なStream Deck MK2です。
ボタンが15個あって、お値段が2万と程よい価額で発売されています。
迷ったらおそらくこれを買えば間違いないと思います。

星詠れいが使っているのはこの製品です。
白いものを使っています。

【Amazon】Stream Deck MK2 【公式】Stream Deck MK2

マルチアクションのプラグインについて

マルチアクション

複数のアクションを1ボタンで完結したいときに使いたい機能です。
基本的にはこちらを使うことが多いかもしれません。

マルチアクションのスイッチ

マルチアクションがToggle(機能の切り替え)ができるようになるイメージを持っていただけると大丈夫です。
例えば、マルチアクション1には何かのアプリを起動するものを入れていきます。
マルチアクション2には何かのアプリを閉じるように入れていきます。

そうすることによって、ボタンを押したらまずマルチアクション1で設定された内容が実行されるようになって、ボタンはマルチアクション2のボタンになります。
次に押すときにはマルチアクション2で設定された内容が実行されるようになって、ボタンはマルチアクション1のボタンに戻ります。

基本はこういう形になります。

ランダムアクション

ランダムアクションは選ばれたアクションのうち1つだけをランダムに選出されます。
その内容のアクションを引き起こすのみで、他に使い方が思いつきません。

基本的にはガチャ要素があるものだと思えばいいのですが、何かいい案があるでしょうか…。

遅延

マルチアクションを設定するときの中の設定で出てくる項目です。
複数のアプリを同時に開くとパソコンが一気に重くなる可能性があるので、あらかじめ遅延を入れて時間差でアプリを開くといった方法にも使えます。

とても便利なマルチアクションの使い方

たとえば、配信スタートするときにいくつかの準備が必要になってくるんですが、
星詠れいの場合は、OBS Studioとわんコメと棒読みちゃんとたぬえさ3と音声認識字幕ちゃんを開いて配信を行っています。

その場合に便利になるのがマルチアクションで、マルチアクションはいくつかの操作を1つのボタンだけで全部まとめて実行してくれるというとても重宝される使い方になっています。

【OBS】配信開始時

星詠れいの使い方(配信起動時のマルチアクション)
  • OBSの起動
  • たぬえさ3の起動
  • わんコメ(棒読みちゃん)の起動
  • 音声認識字幕ちゃんの起動
  • 5秒の遅延
  • システムの入力マイクを設定した上でON
  • システムの出力ヘッドホンを設定した上でON
  • OBSのシーンを最初のオープニングのものにする
  • OBSの入力マイクを設定した上でON
  • 3秒の遅延
  • OBSのプロファイルをTwitch用に切り替える
『マルチアクション』を選ぶ

タイトルに名前を入れていきます。
今回は「配信準備」としています。

『マルチアクション』のアイコンを選ぶ
マルチアクションの画面
システムでいくつかのアプリを開く
  • 『OBS Studio』を起動する
    システム:開く
  • 『TanuEsa3』を起動する
    システム:開く
  • 『わんコメ』を起動する
    システム:開く
    ※わんコメ起動によって『棒読みちゃん』が同時起動される
Webサイトで音声認識字幕ちゃんを開く
  • 『音声認識字幕ちゃん』を起動する
    システム:Webサイト
一旦待機時間を設けるために「遅延」を入れる
  • 5秒くらいの遅延を入れる
    色々とアプリやWebサイトを開くので一旦クールダウンタイムを設けるために導入する
システム側で必要なことを入れていく
  • 『システム』の『音声入力デバイス』をいつものデバイスに設定する
    Audio Device:Set Audio Device
    星詠れいの場合はヘッドホンなので音声入力デバイスをそのものに設定する
    例:マイク(Realtek USB Audio)
  • 『システム』の『音声出力デバイス』をいつものデバイスに設定する
    Audio Device:Set Audio Device
    星詠れいの場合はヘッドホンなので音声出力デバイスをそのものに設定する
    例:スピーカー(Realtek USB Audio)
OBS Studioで必要なことを入れていく
  • 『OBS Studio』で配信最初に開くシーンを設定する
    OBS Studio:シーン
    配信シーンをオープニングに設定する
  • 『OBS Studio』の『音声入力デバイス』のミュートを確実に解除し、マイクが入るようにする
    OBS Studio:オーディオミキサー
    音声入力デバイスをミュート解除する
    ※実際によく忘れることが多いので、マルチアクションに取り入れることで忘れ防止になる
一旦待機時間を設けるために「遅延」を入れる
  • 3秒ほどの遅延を取り入れる
    次のプロファイル変更のために一旦、間を設けた方がいいとの判断でここに遅延を入れています
最後にOBSのプロファイルを正しいものに設定する
  • 『OBS Studio』でプロファイルを正しいものに設定する
    OBS Studio:プロファイル
    Twitch配信用に設定する
なぜこれが一番最後なのか

元々別のプロファイルからプロファイルを変更した場合、サンプルレートと構成を切り替えるためにOBS Studio自体の再起動を求められます。
マルチアクションの途中でこれをされると挙動が止まる可能性があるので、一番最後に持ってきています。

としている例です。これで配信準備するためのアプリとWebサイトを開いて準備の大半が完了です。

この設定をしたうえで、ボタンを押すと上からその順番通りに実行してくれるようになります。
マクロみたいなものですね。
ちなみに遅延は入れた方がいい場合もあります。複数プログラムを同時起動するとPCが重くなる可能性がありますので、間に遅延を挟んで1つずつプログラム起動させていくのがいい場合もあります。

【OBS】ソース切り替えを複数シーンすべてに渡って行う

マルチアクションのスイッチを使った一例です。
以下の設定をすることによって複数のシーンで同じソースが使われている場合にすべてのソースを一斉にONとOFFを切り替えてくれるようになります。
ソースの切り替えは基本的には現在のシーンのソースしか切り替われないので、シーンが移るたびに全部切り替えないといけないのですが、マルチアクションのスイッチによって全部一気に切り替えることが可能になります。

『マルチアクションのスイッチ』を選ぶ

マルチアクション1:音声認識 ON(現在のシーンが表示なため)
マルチアクション2:音声認識 OFF(現在のシーンが非表示なため)
と名前を付けていく

『マルチアクションのスイッチ』のアイコンを選ぶ
マルチアクション:マルチアクションのスイッチ
左側/ONにしている状態
マルチアクション:マルチアクションのスイッチ
右側/OFFにしている状態
マルチアクション①にアクションを入れていく
星詠れいの使い方(マルチアクションのスイッチver1)
  • ソースの可視性で 非表示 とする
  • 以下の選びたいシーンをまとめて選択
    ・配信シーン2:雑談
    ・配信シーン3:ゲームプレイ
    ・配信シーン3A:リザルト時
  • ソースをすべてのシーンで同じものにする
    ・ソースまとめ21:音声認識字幕ちゃん
マルチアクション②にアクションを入れていく
星詠れいの使い方(マルチアクションのスイッチver2)
  • ソースの可視性で 表示 とする
  • 以下の選びたいシーンをまとめて選択
    ・配信シーン2:雑談
    ・配信シーン3:ゲームプレイ
    ・配信シーン3A:リザルト時
  • ソースをすべてのシーンで同じものにする
    ・ソースまとめ21:音声認識字幕ちゃん

まとめ

マルチアクションについて簡単に説明してみました。
マルチアクションは様々なアクションを1つのボタンだけで完結するだけであって、複数のことを一気にやりたいなっていうときには本当に便利になるのでぜひ使ってみてはどうでしょうか。
お読みいただきありがとうございました。

Stream Deck記事一覧

Stream Deck まとめ

Stream Deck 基本設定

Stream Deck プラグイン

星詠れいのおすすめ

おすすめ特選4記事

DBDおすすめ特選4記事

その他のおすすめ

星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのYouTubeリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です