【DBD】サバイバーでランク上げての感想・問題点|2023/12の出来事

星詠れい
星詠れい

おはこんばんにちわ🎵

この記事では2023年12月の年末企画としてサバイバーを彩Ⅰにするという企画をやっていく中で思ったことをつらつらと書いていきます。
本当にひどいことも発生したので、元々書く予定はなかったのですが、しっかり書き残しておくことで今のDBDの問題点を書いていきます。

みなさんと考え方が違うかもしれないですが、いろいろな考えがあってもいいと思います。
よければ最後まで見て行ってくれると嬉しいです。
気分が悪くなるかもしれないですがその時はごめんなさい。

あとこの記事に関しては割と自身の本心をそのまま書いています。ご了承ください。

はじめに

今回の記事を書こうと思ったのは、今回のサバイバーの彩Ⅰにするという企画でひどいことが立て続けに起きました。
平和に穏やかに彩Ⅰを早い段階で目指していこうということで、自分では珍しくサバイバーをやるということを今回やりました。
それが叶わなかったので、こういう記事を書いて残すことにします。

企画内容:サバイバーで彩Ⅰ目指す

査定の見直しについて

サバイバーのエンブレム査定についての見直しはやはり必要だと感じます。
キラーとサバイバーの査定についての格差をうちが考えたものを書いていきますね。

キラーの査定

キラーの場合は、相当上手な方であれば安定的に全滅をとれ、お米も+2pipとれることが非常に多いです。
その場合で考えますと、灰Ⅳから彩Ⅰまでに必要なお米は85個(85pip)です。
最短で行けると考えて、1試合15分で4試合で1時間、これで8pipです。
10時間で80pipいけますね。残りの5pipは3試合で到達可能なので45分と考えます。

そうすると、最短理論上では10時間45分ということになります。
実際にうちはそれに近い10時間55分くらいで達成済ですし、可能なんだろうなと思います。
相当うまい猛者キラーさんでも同じ数値を出している人を見たことがあります。

もっとすごい人だとナースで10時間を切った?みたいなのも見たことがありますね。

グレード合計pip
55515
555520
555520
444416
334414
合計pip85
グレード別の必要pip

サバイバーの査定

それと比べてサバイバーはどうでしょうか。
キラーと同じくサバイバーも同じくらいそれなりの実力を持つ人ですら、10時間ところが30時間はかかっています。
原因はもうわかりきってます。サバイバーの+2pipの条件があまりにもきつすぎるからですね。
灰の時点で+2pipに必要なエンブレム数は全16個中14個とほぼオール彩と取らなければならないのです。
しかもそれには他の3人の実力次第なことも非常に大きいです。自分ひとりだけではまず難しいでしょう。

逃走者

チェイスに関するエンブレムでは自身がある程度逃走成功しなければならないのでチェイスが必須になってきます。そこまではまだ理解できます。次からはちょっと自身だけではどうしようもないところです。

彩エンブレム査定をもらうには

逃走者のエンブレムでの評価をためるに必要なチェイス時間があまりにも長い気がします。
多分ですが「15秒以上のチェイスでチェイス判定逃げ切りを9回分」が必要になってたはずです。
1回の儀式でここまで行けるのは稀だと思います。ここはちょっと査定が厳しすぎるところになってしまうかなと考えています。

光をもたらす者

発電機を回すエンブレムに関しては他の誰かが長いチェイスをしなければならないです。発電機を安全に回すためにも自身以外の3人にもチェイス能力が求められています。この時点で仲間次第になってしまっていますね。

彩エンブレム査定をもらうには

少なくとも自身で2台分と0.7台分、自分ひとりだけで回しきる必要があります。
270ptと決められているらしいので、それが根拠になります。
2人同時に修理というのは査定的には修理した人数分、分割することになるので0.5台分ということになります。
このへんを大きく間違われてる方が多い印象です。


でも一応、全員で5台回しきれるなら、自分1人では2台分回しきればいい感じになります。
一応1台回すたびにその発電機に関与しなかった全員に0.33台分の修理完了ボーナスが付与されるらしいので。

善良な意思

回復を中心としたエンブレムはセルフケアではなく、仲間治療と救助が大切になってきます。
よくいることなのですが、治療拒否をしてくるサバイバーさんが経験上多いです。なぜ拒否するのか理解できません。
寸止めセルフケアで拒否するのならまだ理解できますが、それ以外に盤面的に余裕のある時に治療をしてもらうことって大切なんじゃないのでしょうか?キラーからしたら負傷状態のサバイバーを多く残しておきたいことがあり、健康状態のサバイバーをできるだけ発生させないようにしていることが多い中、仲間治療ができるタイミングでは16秒で治療できるというのにセルフケアボタニで回復はあまり理解できませんね。これも仲間次第になってしまいますね。

回復拒否をしていい場面

リージョン相手で寸止めセルフケアが有効な場面
自身が逆境魂持ちで有効に活かしたい場面
もう少しで発電機修理完了しそうな場面で、キラーがやってくる可能性が高い時に修理優先する

折れない心

生き残るためのエンブレムでは一度でもダウンすれば金になり、少し厳しい場合があります。これには仲間のチェイス次第ということが多いかもしれません。仲間がチェイスに時間かけれなかったら自ずと自身にもダウン機会が訪れる可能性が高いことでしょう。
また脱出率もおそらく40%なので、銀以下になることも多いでしょう。
40%の根拠はキラーの殺傷率が大体60%という部分です。
殺傷の反対が逃げられたという意味なので、40%ということにしています。

もらえるエンブレムの違い

彩:一度もダウンせず脱出
金:ダウンした上で脱出
銀:9分以上生存した上で死亡
銅:3分以上生存した上で死亡
灰:3分未満で死亡

結論としてサバイバーはキラーよりきつい

そうすると+2pipをもらうこと自体は基本諦めた方がいいということになり、基本は+1pipを目指すことになります。

でも味方次第なことが大きいサバイバーですと+1pipをもらい続けることすら安定しないし、また試合が始まるまでのマッチング待機時間もそれなりに長いので20分と考えた方がいいかなと思いますのでその分時間が余分にかかってしまう感じになるでしょう。

おそらくですが、早いペースで進められたとしても30時間くらいになってしまうのではないでしょうか。
今だと、猛者ナース、猛者ブライト、猛者スカルマーチャント、猛者スピリットあたりが来られてかつトンネルをするようなキラーだとまず無理ですし、お米を減らされますし割に合っていませんね。

彩Ⅰにいくための時間の考察

彩Ⅰにいけるまでに85個のpip
1試合20分として、1時間あたり3回
1時間で3pip
85pip / 3pip = 28時間と20分
なので大体30時間
でも基本彩帯からはお米が厳しいのでもっと時間がかかるはず

ほいみぃさんの動画でもわかること

なんならほいみぃさんの年末にあった企画の48時間以内でサバキラー両方彩Ⅰにするという計画がありましたが、あれも結果的に48時間到達直前ぎりぎりに達成していましたね。キラーをやるにあたっての条件を見る限りではキラーでもそれなりに苦労をしているはずです。

ほいみぃさんはうちとしても非常に尊敬している方です。

参考例として載せておきます。
・サバでpip(米)を獲得したキラーを使うことができる
・サバとキラーのpip(米)を合わせるようにグレードを上げる

1回目:11:41
2回目:5:53
3回目:11:31
4回目:7:36
5回目:11:21
合計:48:02(少なくとも企画説明の時間があるはずなのでもっと短いはず)

1回目
2回目
3回目
4回目
5回目

トンネルされたサバイバーに関して

特に問題だと感じたのはチェイスしている人に対して、必要量の評価を与えられてないことに関してです。
うちの経験上、トンネルされ続けた結果チェイスしかしていないパターンで脱出できた場合でも多くの場合で+1pipの評価を得られておらず、彩帯にいる場合ではほとんどの場合において-1pipされることが多い印象です。

脱出できなかったならともかく、脱出できた場合でもお米は確定で1pipはないとやっぱり変だなと感じました。
なのでチェイスに関する査定の評価を増やすのがいいんではないかと考えます。

査定に組み込むなら|運営への改善案

うちとしてはチェイスを多くやってくれている人にたくさんの評価を入れてほしいと考えています。

チェイスしている間にできないことってなんでしょう。
ほとんどのことができませんよね?査定に関わる部分で。
回復に関わる「善良な意思」、修理に関わる「光をもたらす者」には大きく関わっていないのが今の大きな問題点だと感じます。

チェイスしている人は自らを犠牲にしてキラーと対面してチェイスをしているんだから安全に回してもらったり、安全に回復してもらった分の査定を組み込むべきだと思います。はっきりいって今の査定の大きな問題点は個人的にはそこだと思ってます。
そうでないとトンネルされた人ってトンネルされたらお米を失うことが主に多くなるだけです。
本当に面白くもないし、稼げないし、モチベにもならないと思うんです。
これを数マッチ連続して同じことを繰り返されたらDBDすらやりたくなくなるはずです。

そこで、やっぱり組み入れてほしいと思います。

光をもたらす者

チェイス中の人にはチェイスに入った時間分だけ他の発電機の進捗度により、大きめのボーナスを与えてあげましょう。
100の進捗度として、66ptくらいでいいんじゃないかな。もともと発電機を1台付けたら関わってない人達に全員に33ptのボーナスが入るんですから。
「光をもたらす者」の査定項目にこれを入れましょう。

善良な意思

次に回復に関わる部分ですが、安全に回復してくれているんだからその分のボーナスを頂きましょう。
1人回復したら10ptのボーナスをチェイスしている最中の人に与えましょう。
これがやりすぎならせめて5ptのボーナスを与えてやってください。3人回復でも15pt、安全に回復できるんだから当然だと思います。
「善良な意思」の査定項目にこれを入れましょう。

今のサバイバーの歪なところ

まぁこんなこと運営の頭にはないでしょうが、うちが運営の立場ならこれらを入れちゃいますね。サバイバーでトンネルされてつらいと感じることが多いので、これだけ入れてくれればかなりまともになるんではないでしょうか。
第一村人さんがトンネルされても最後までチェイスを担当して、脱出できればお米を+1pipするくらいにはしてほしいものです。
これができてないのが今のDBDのサバイバーの査定の歪なところだと感じます。

下のリンクは英語Wikiなのですが、より正確にエンブレムの査定情報が書かれてあります。
日本語に翻訳すれば大体理解できると思うので、確認したい方は確認してみてはどうでしょうか。

他の部分での考察として|運営への改善案

今は、スキルレーティング制度でマッチにおいてはレートが働いていてキラーもサバイバーも同じレベルでマッチングしていると考えます。

そうするとですね、以下のような条件だと試合展開にも大きく変化が起こると思わないでしょうか?
高いスキルレートのキラーvs高いスキルレートのサバイバー
中堅スキルレートのキラーvs中堅スキルレートのサバイバー
初心者スキルレートのキラーvs初心者スキルレートのサバイバー

と別れて考えた場合にどう考えても高レートはあまりにもきついとは思いませんか?キラーとサバイバー両方においてです。
そしたら査定的にも絶対稼ぎにくい時が出てくるのです。特にトンネルして真っ先に1人を落とすとした場合は顕著となります。
そうしたら、やっぱり変だと感じることがあるのでここにも手を加えてみるのも一考ではないかと思うのです。

それは、高いスキルを持つキラーが相手に来た場合には、サバイバーのスキルレベルに関わらずお米を減らされる基準を低くする。お米を取りやすくする。お米を失いにくくする。
高いスキルのサバイバーが複数以上相手に来た場合には、キラーのスキルレベルに関わらずお米を減らされる基準を低くする。お米を取りやすくする。お米を失いにくくする。

といった施策は必要なんじゃないかなと思うのです。
スキルレーティングが来ているとしても、ゴールデンタイムの時間帯においては正常に働いているとは思えないマッチングがたびたび発生することが見られることがあります。やはりこういうところでもしわ寄せはどうしてもあるので救済はあってもいいんじゃないかなと思います。

間違っても厳しくする方向に行くのではなくて、緩和する方向に行ってほしいと思います。
基本の査定基準はそのままに、お米を取りやすくすることと、お米を減らされにくくすることに方向性を合わせて調整するというのは如何だろうかとは思いました。

切断されたことに対して

また、自身がファーストチェイスをしていてその結果逃走成功した時に、その後の試合の展開の流れによってはキラーに切断されることがあります。
今回のサバイバーのランク上げの最中に起こった回数は全体で4-5回ほどでしたが、そのほとんどが自身がロングチェイスで成功した時に、残り発電機数が2台とかになった瞬間に切断されることがありました。
その場合ってね、発電機もろくに修理しておらず回復もしていないのでその辺はすべて低いままですし、逃走のエンブレムもそんなに稼いでないので大体がお米をもらえずに終了となります。

正直これに関しては理不尽に感じます。自身がチェイスでがんばっていたというのにお米がもらえませんでしたは流石にないかなと思いました。

これに関しては切断されたらどういう試合経過になったかにも関わらず切断しなかった人たちにお米を+1pip以上確定させればいいと思います。
なぜこれができないのでしょうか。

キャンプトンネルはやっぱり面白くない

さきほどでも同じように書きましたが、やっぱりキャンプトンネルされるとあまり楽しくはありませんでした。
後は、やっぱりなのですがサバイバーとして楽しむ場所がどこにあるのかと全然わからなくなってしまいますね。
ゲームに参加するからには発電機を回したり、チェイスをこなしたり、救助をしたり、仲間と治療しあったり様々なことがあっていいと思います。

キャンプまではいいのですが、さすがにトンネルまでされるとあまり面白く感じなかったりすることはやっぱりあります。
自身がチェイス大好きで仲間に安全に発電機を回せる自信があるというのであれば歓迎かもしれないですが、そう思わない方もいるかもしれませんね。

うちがサバイバーするときのレートってねなぜかサバイバーをほとんどプレイしていないにも関わらず高レートにいるようなので、当然ですがお相手キラーもそれなりのレベルのキラーしか来ませんでした。
その中でも当然なのですががちがちにキャンプとトンネルを使うキラーが登場しました。
特に多かったのはスカルマーチャントでした。
そしてそのキラーに限って意地でもトンネルする人しかいませんでしたし、相当上手な方でもトンネルしかしてませんでした。
はっきりいおう。本当に面白くない。
何をどうしたらそんなサバイバーのことを無視することができるのってくらいうちには理解できませんでした。

サバイバーをプレイしたことのある人ならトンネルされた時のつまらなさに気付くはずです。
キラーとしては勝ちに一番近づくやり方でしょうが、サバイバーはそう思わずに禍根を残すでしょうね。
うちはそうはなりたくなくて、次の節の通りにキャントンを基本やらないようにしてます。どのキラーをプレイするにしても。

とはいえ自分がキラーすると

うち自身がキラーをするときは基本的にはキャンプトンネルはしないような立ち回りを心掛けてやっています。
それはサバイバーをプレイした時の経験に基づくものだからです。
やっぱり心理的にはトンネルされてエンティティに捧げられたりして、その試合に大きく関われなかったりしたら残念な思いしか残らないでしょう。たとえ他の3人が脱出成功したとしても、チームとしては勝ちなのですが、うち自身としては釈然としないことが多いです。

なのでキラーをするときはできるだけ同じ人を集中狙いしないようにしています。
みなさんにマッチに参加しているイメージを持たせてあげたいからですね。

やるとしても一旦他の人とチェイスをしてミスって逃がした後に、また吊られた人(救助された人)を見つけちゃったときはそのままやってしまっていいと思います。見つけたサバイバーを追うのはキラーのやることですからね。

例外はやっぱりある

ですが、例外はあってファーストチェイスであまりにも時間を掛けられすぎた場合にはやはり勝ちたい気持ちもあるので場合によってはトンネルをすることはあります。その方が勝てる可能性があるかもしれない場合にはトンネルはします。

また、相手が連携をあまりにも取れすぎたりしていてフルパの可能性が高い場合には立ち回りを変え、トンネルをすることもありますね。フルパですので情報伝達もそれなりにある可能性も考慮して、やはり1人を真っ先に落とすために一番効率がいいのはトンネルですからね。

例外その2

また、フックに吊って他の誰かを発見してチェイスしたいとなった場合でも見つからない場合については、
救助された後にフックの位置に戻りますが、その時に誰も見つからず少し索敵して見つけた相手が救助された人だったりすることはあります。その時でもトンネルは行います。スルーして他の人を探すよりはダウンしてフックに吊って索敵する方がいいですからね。

配信中にあったひどいこと

たくさんのマッチをこなしてきた中で1つの試合だけ、精神ダメージを大きく負ったものがありますので、それを紹介します。
かなり気分が悪いのですが、みなさんに事情を把握してもらいたいこともあり、書いていきます。
動画もあまり見たくなく、記憶にある中での流れを書いていく形なので、正確でない場合があるかもしれません。
動画は最後に載せます。よろしくお願いします。

ソロで行った時の野良について

うちがソロ野良でマッチに行った時に起こったことです。
お相手がアーティストで、うち自身アーティスト使いなこともあり非常にわくわくしていつも通りにチェイスや発電機修理をしていました。

ある時、匿名ローリーがフックに吊られていて、ゲージのタイミングを見て余裕がなくなる直前に救助に行こうとしました。
そしたら、フックに吊られてた人は何をしたと思いますか?

もがいて耐久放棄して、2ゲージ目に突入しました。

さすがのうちでもびっくりして、でも野良ならいつものことだし…今回はそういう野良さんなんだな…と諦めて救助しました。
その後にアーティストが戻ってきて、うちとチェイスを始めました。ここまでまだこの後に起こるひどいことを予想もしてませんでした。お米はもういいからキープしていつも通りに脱出に向けての自分ができることをやろうとしていたところでした。

チェイス中に起こった出来事

なんと、救助された人とはまた別の人がうちのチェイスを邪魔しに入るような動きをしてきました。
動画で証明できますが、あの動き以外にどういう動きができたら邪魔しに入らない動きができるのでしょう?
反論があるならコメント欄で言って頂きたいのです。

その後の展開について

流石のうちでもガチキレして、チェイスを辞めアーティストに無駄かもしれないけど、あの人がひどいことをしましたというエモートを出しました。今となってもこの行為が正しかったかもわからないですが、当時のうちはかなり頭に来て正しい対処の方法とか思いつくわけがありません…。

その後はアーティストは多分ずっと困惑していたのでしょう。
ただ、相手のローリーさんはずっとうちのことを指差しエモートをし続けていました。
うちは最初のうちは指差しエモートをしていましたが、馬鹿らしくもなり途中から辞めました。その後の記憶はないのですが、一回吊られて耐久入りされてから一旦救助されました。多分この件に全く関わってないジルさんだろうと思います。

その後はうちはアーティストのところに直接行き、なんとかわかってくれないかということを続けましたが、もう時間の無駄だと感じ、うちは発電機修理を再開し、脱出を目指しました。

そしたらローリー2人組は発電機修理すらせず、うちのことをずっと指差しエモートをし続けるだけのBOTみたいなことになってきました。もうここまできたらこの時点で怨恨がすごいことになってきたんだろうなと思いましたね…。

流石にどうしようもないので、ずっと発電機修理してましたがアーティストさんはわからないので仕方ないですが、そのまま攻撃されてしばらくした後にフックに吊られました。この時点で3吊り目なのでそのまま終わりました。

マッチが終わった後かその途中から他のサバイバーさんのうちの1人の名前を確認したところ、うちからすれば前に自身がアーティストでこの人と対戦したことがあり、その時のことを怨恨に持って邪魔しに来たんだろうなと思いました。
そういうわけで、少なくとも耐久放棄した匿名のローリーさんと、名前をそのまま出してきた「究極のうーちゃん」のローリーさんは少なくとも間違いなく組んでいることは間違いないでしょう。匿名ジルさんはこの件に関わらないような動きをしていたのでうち自身では不問としています。

チャットでの出来事

さらには試合中に、うちの配信していたチャンネルでコメントが出てきていたのですが、その内容も暴言としか思えない内容でした。
「おまえ、だまれ」
「日本語で話せ」

といった内容です。これらからして、間違いなく日本人だと言えるでしょう。
なぜわざわざチャットしに来るのでしょうか。本当に意味が分かりませんでした。

意味を理解しようとするなら、過去に対戦した時に負けたのでその時に恨みを持った。そしてこの試合で私とサバイバーとして戦うことになったから恨みを晴らすために今回の行動に移したのでしょう。

違う視点があったかもしれないですが、うちとしてはそういう認識しか持てませんでした。
また、名前を見れば過去に対戦したことのある方だというのは間違いなかったです。

マッチが終わった後

野良でやりたくない気持ちが100%超えてしまい、DiscordでPT募集をしてきました。
その後に何人か来てくれたのですが、マッチにも行けずうち自身は何分泣いたかもわからないくらいにはずっと泣いてました。気持ちの整理が全くつかなかったのです。
見に来てくれた人、参加してくれた人にも事情を把握してくれてしばらく待ってくれたのですが本当に申し訳なかったです。
あれだけ泣くのは配信しててこれまでになかったことですけど…、見せてしまって申し訳ないです。
一応アーカイブには残す方向でそのままいきます。ありのままのうちを見てほしいからというのが大きいからですね。何も恥ずかしいことはないですし、うちもただひとりの人間です。

動画はこちらになります

ありのままそのまま残しておきました。
私自身別に残してもいいかなと思い、ひどさを見て頂きたいこともあり、お時間のある方だけで大丈夫ですので…。
時間があまりにも長いのであまり…お時間取らせたくないので証拠として残す感じになります。

結論としてうち個人として

結論から申し上げますと、うちは野良が元々大嫌いでしたが、今回のサバイバーランク上げで決定的になりました。
年に1度のサバイバーを彩Ⅰにするという企画でせっかくのサバイバーをプレイしたのに、この仕打ちではやっぱりやる気になりませんでした。

なので、うちは今回の企画を終えたら宣言していますが、
フルパ以外ではサバイバーをすることは絶対にやりません。
2PTでも3PTでも絶対にやりません。野良が一人でも混じる可能性があるのであればやりたくないからです。
それほどに心に傷を負っています。

サバイバーの実力としては、よく遊んでくれてる方からは、余裕で彩Ⅰに行けるでしょという信頼を得られてるほどです。自分がいうことではないかもしれないですが、あえて言わせて頂きます。
過去にも27か月の間ずっとキラーもサバイバーも彩Ⅰ継続してきたことがあるのでサバイバーにも自信があるのですが、やはり今回の件でもう無理ってなりました。きっと楽しめないし、知り合いのみのフルパで楽しくやる方が有意義だと思いましたね。

サバイバーで彩Ⅰになるのに時間がかかりすぎるのも悪評価です。
キラーの方がよっぽどめいっぱいに楽しめられます。

おわりに入る前に

ここまでいろいろと書いていきました。
これが星詠れいの現在思ったことの全てです。

なのでキラーしかやらなくなったのもこれで理解できるかと思います。
読んでいただいてる方々はサバイバーしかやらない人がおそらく大部分を占めているとは思いますが、そうではなく、サバイバーもキラーも両方やった結果、キラーしかやらなくなった人がここにいます。

この記事に対して批判的なことがあるかもしれませんが予め伝えておきますと、批判的な内容はすべてスパムとさせて頂きます。
サバイバーをプレイしていてこういう仕打ちを受けて穏やかな気持ちでいられるわけがないでしょ。他人を慮る気持ちがあれば批判的なコメントはないはずです。それでも批判するならスパム報告させてもらいますのでこれだけは予めお伝えしておきます。

おわりに

長く書いてしまいましたが、以上になります。
DBDをプレイしている中でもこういう人、考え方がいるんだとわかって頂ければ幸いです。
なにより運営には査定の見直しを要望します。これは本当にしないとだめだと思います。昔と今では全然違いますから。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

レベル別にサバイバー向けのうまくなりたい方向けへ以下の記事を作成しています。
よかったらぜひ読んでみて下さい。
少しでも上達の1つの糧となれば幸いです。

サバイバーをプレイするにあたっての気を付けて頂きたいこと

アーティスト世界ランカー星詠れいのTwitchリンク

星詠れいのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です